TakahiroFujimoto.com

HOME MAIL
HOME PROFILE BOOKS MUSIC PAPERS CONFERENCES BLOG MAIL CLOSE

BLOG 藤本幸弘オフィシャルブログ

カテゴリー:ゴルフ医科学研究所

魯山人後窯 僕の作品

北鎌倉の河村喜史先生の魯山人の後窯で、2週間前に作られた今回の僕の作品の写真が送られてきました。

早く対面したいです。

今週の16日日曜日、13時半と16時から、半蔵門のゴルフ医科学研究所にて河村先生の出張作陶の会があります。

前半は満員。後半はまだ空きがあります。

約2時間で作品を二つ作る事が出来て、その後はお茶会。

河村先生の器のお土産がつきます。

参加費20000円。全くの初心者、未経験者も歓迎です。

ご興味ある方はぜひご連絡くださいね。

====================

ゴルフ医科学研究所
〒102-0083東京都千代田区麹町2丁目5-20
半蔵門線半蔵門駅近 有楽町線麹町駅近


ゴルフ医科学研究所「ゴルフに必要な10の物理学公式の講演」

今週月曜日は、ゴルフ医科学研究所にて交流会でした。人気メニューの「ゴルフに必要な10の物理学公式の講演。」

重心の偏ったゴルフクラブですが、すでに500年前から同じ形状をしていて、静止しているボールを最も効率よく飛ばす棒とも言えるのです。

ゴルフクラブの重心とトルクと慣性モーメントを理解すれば、スイングのどの瞬間にどの方向に力を加えれば良いのか理解出来ます。

さらに、スイング定着には約30時間の小脳習熟が必要となりますが、これは自転車に乗れるようになる時間とほぼ同一です。

運動系の記憶は小脳に蓄積されますが、ゴルフのスイングの優劣は、運動神経とは関係が無く、正確なスイングを行った時間に比例するものなのです。

講演後、いつもはカラオケが始まるのですが、この日はトラックマンの機能を使って全員で室内ラウンドコンペとなりました。

初心者はプロと組み、ペアと個人の5組の混合戦。

太平洋クラブ美野里コースをラウンドして盛り上がりましたよ。

この美野里コースは9月にゴルフ医科研コンペを開催予定です。


「ゴルフスイングのための10の力学公式の解説」第5弾

来週月曜日、2024年6月10日19時よりゴルフ医科学研究所にて交流会の人気コンテンツ

「ゴルフスイングのための10の力学公式の解説」第5弾

を行います。

医師、医学博士、工学博士である藤本が、庄田レッスンプロと共に、ゴルフに関わる10の力学を数式で解説します。より正確なゴルフスイングの再現に近づけます。

・ゴルフスイングの基本的な物理概念を紹介。

・各公式がゴルフスイングにどのように関連しているかを解説。
キーワード 

#ゴルフ医科学研究所 #ゴルフ理論の数式化 #運動量保存の法則 #インパクトファクター #アタックアングル #反発係数の謎 #力学的エネルギー保存の法則 #ケプラーの惑星の運動第二法則  #慣性モーメント #トラックマン 

ワインとカラオケ付きのリアルな交流会 10000円

遠方の方のために、ZOOM参加 5000円

https://mosh.jp/services/189831  

ご興味ある方は是非ご参加ください。


スペインワインと金子鈴太郎さんのチェロの会

今日はゴルフ医科学研究所にて、スペインワインと金子鈴太郎さんのチェロの会でした。

https://www.facebook.com/1486146253/videos/pcb.10233410680957407/460450083289743

https://www.facebook.com/1486146253/videos/pcb.10233410680957407/1172306483776832

「音楽は名医」の著者にも書きましたが、まさにチェロの音色と振動を肌で聴くことが出来る距離感。

チェロで聴覚と触覚を。

ワインで嗅覚と味覚を。

さらに双方で視覚を。

まさに五感が研ぎ澄まされる感覚とはこの事ですね。

スペインワインに合わせた鈴太郎さんの演奏。

素晴らしい体験でした。


栃ノ心 ジョージアワインの会 第三弾

昨晩は元大関栃ノ心を迎えて、ゴルフ医科学研究所にて栃ノ心のジョージアワインの会第三弾。

ご存知の通り、ジョージアは8000年前にワインが生まれた土地。

現在でも多くのブドウ種で伝統的なワインを作っているのですが、栃ノ心は赤2種、白4種のワインを販売しているのです。

僕はいつも赤がメイン。

初めてジョージアの白を味わった時は、パンチがある味わいに感動したのですが、色彩も琥珀色からオレンジ色までの濃いめのバリエーション。

赤好きにとってもかなり美味しいんですよ。

6本のワインのブラインドテイスティングをしたのですが、6本全て正解したのは僕と栃ノ心の2名だけでした。

栃ノ心も首傾げてますが、飲み比べると確実に味が違うのはわかるのですが、名前とのマッチングはなかなか難しい。

でも3度目ですからね。嬉しい!

この6本のワイン。一本5000円で、6本セット30000円だそうです。

今ワインが高騰していますので、3万円というとブルゴーニュや良いアメリカワインが一本買えないかもしれません。

これだけ多くの人が楽しく飲めて、気軽なテイスティング会用の選択としても素晴らしいですね。


カテゴリー