TakahiroFujimoto.com

HOME MAIL
HOME PROFILE BOOKS MUSIC PAPERS CONFERENCES BLOG MAIL CLOSE

BLOG 藤本幸弘オフィシャルブログ

オペラ「トスカ」第3幕の舞台 

741このサンタンジェロ(聖アンジェロ)城は、オペラファンにとっては馴染みのある場所ではないでしょうか。

そう、世界で最も多く上演されているオペラのひとつであり、イタリアを代表する作曲家ジャコモ・プッチーニの傑作「トスカ」第3幕の舞台なのです。

744「トスカ」は1900年にローマのオペラ座(当時のコスタンツィ劇場)で初演されています。

共和派と旧王制派が争いを繰り返していた1800年のローマを舞台にした、言わば「御当地オペラ」です。

劇の名前となった「トスカ」は、劇中の主人公となる有名歌手の名前。

簡単に概略を説明すると、友人の政治犯をかくまったトスカの恋人であるマリオ・カヴァラドッシは、ローマの警視総監であるスカルピアの命で、処刑されることになります。

トスカに気があるスカルピアは、トスカを部屋に呼び、カヴァラドッシの処刑を空砲を使って見せかけのものにし、イタリアを出国できるように通行証を書いてやるので、体を許すように迫ります。

スカルピアが通行証を書き終えるのを確認すると、トスカは秘かにナイフを隠し持ち、

「これがトスカのキッスよ」

と言い放ち、スカルピアを刺し殺すのです。

そして舞台は第3幕へ。トスカは通行証を手に持って、カヴァラドッシの処刑がまさに今行われんとしているこのサンタンジェロ城に向かうのです。

カヴァラドッシは名アリア「星は光りぬ」でトスカへの熱い想いと死んでいく無念さを歌い、激しく泣いているところに、トスカが到着します。

彼女はカヴァラドッシに、処刑は見せかけであり通行証を手にしていることを伝え、刑を待ちます。

やがて刑が執行。銃砲でもんどりをうって倒れるカヴァラドッシに、

なんて素晴らしい演技者なのかしら。

とつぶやくトスカ。

しかし、あまりにカヴァラドッシが動かないので不安になり、確認に行くと、本当に処刑がなされて、カヴァラドッシが死んでしまっていることに気付きます。これがスカルピアの計略だったのです。

トスカは悲しみにうちひしがれますが、すぐにスカルピア殺人の容疑でスカルピアの部下に追われます。

追い詰められたトスカは、このサンタンジェロ城の屋上から飛び降りて劇が終わるのです。

748そんな「いわくつき」の屋上なのですが、実はこの場所、写真のようにサンピエトロ大聖堂や

749

美しいローマの都市を見下ろせる、絶好のロケーションなのです。

ローマにこんなに美しい展望があったなんて、今回の新しい発見でした。

Cimg0528

まるで絵のようなこの絶景をご覧ください。

750サンタンジェロ橋もきれいに見えましたよ。

 


カテゴリー