TakahiroFujimoto.com

HOME MAIL
HOME PROFILE BOOKS MUSIC PAPERS CONFERENCES BLOG MAIL CLOSE

BLOG 藤本幸弘オフィシャルブログ

カテゴリー:カナダ編

国際肥満学会にて僕の演題が口演で通過

本年初の国際学会演題通過連絡です。

5月1日から4日のカナダバンクーバーで開催される国際肥満学会にて僕の演題が口演で通過したと連絡がありました。

3月はワシントンDCで米国皮膚科学会、
4月はボストンで米国レーザー医学会、
5月はバンクーバーで国際肥満学会と
また毎月アメリカ大陸に通う生活です。

学会

Thank you for submitting your abstract for the 13th International Congress on Obesity being held in the Vancouver Convention Centre in Canada between the 1st and 4th May 2016.

Abstract ID: 3307825

Improvement Of Obesity And A Study Of Metabolic Treatment By Low-frequency Rotating Electrical Muscle Stimulation Device

Congratulations, the above abstract has been selected accepted for ORAL PRESENTATION during the congress.

Please see below for oral presentation information.

Your talk is sceduled to take place during the session titled: Track 5: Prevention of obesity
Session Date: Sunday 1st May
Session Time: 14:30 – 16:15
Oral presentations will be a total of fifteen minutes in length, with ten minutes for the talk and five minutes for questions.
If you are not able to present your abstract during ICO 2016 please contact the secretariat as soon as possible.
Further details including your session room, speaker preview room details and a final programme will be sent out in due course.


今年もコントロバーシーズを欠席しました

おはようございます。

今日8月11日(土)もクリニックFの診療日です。

今年のクリニックFのお盆休みは、14-16日ですので、来週月曜日13日は開院します。

7年前からこの時期、北米各地で開催される「コントロバーシーズ&カンバセーションズ」というハーバード大学系列のレーザー医学会に参加していて、通年通りならば今年も参加予定だったのですが、昨年のノースカロライナに続いて、今年のカナダ・バンフも欠席を決めました。

この学会の良さは、レーザー機器関係者の利害を抜きに、レーザー医師たちが持論をディスカッションする場があるところだったのです。

ところが、

●ここ数年、レーザー機器会社も多くのスタッフを送り込むようになり、本音で語ることが出来なくなったこと。

●リーマンショック以降、新たな機器開発のコストを負担できる企業が減り、この学会に出席しても製品開発の情報なども入りにくくなったこと。

●新規の発表が少なくなったため、医師も前年と同じスライドを出す場合があり、面白味が減ったのこと。

といった傾向が目立ち、それらが今年も見られたため、参加を辞めることにしました。

来年はすこし変化があってまた参加できるといいのですけれどね。

こうして空いた時間は工学部の論文を作成する時間に充てることが出来ましたので、今年はよかったのかもしれません。

Banffsprings

バンフには1997年に一度だけ滞在したことがあります。

ロッキー山脈へ向けての中心街。

とてもきれいな場所でした。

マリリン・モンローの代表作である「帰らざる河」のロケ地となったことで知られていますよね。

この一度下り始めたら下流へ流されるばかりで、河をさかのぼって出発した場所へ戻ることは不可能。という意味から、アメリカ原住民が呼んでいた「帰らざる河」が、映像のテーマとなりました。

原住民に住まいを追われたモンローたち3人が、筏で河を下るのですが、難所のボウ滝を下るシーンが印象的でした。

実はこのホテル、バンフスプリングスに滞在した時に、気に入った機械時計を一つ買った思い出のホテルなのです。

今でも時々使っていますよ。

ムーブメントを観ることのできる機械式の時計は、本当に美しい。

観ていて飽きませんね。


バンクーバー・オリンピック

043 カナダに滞在中、中国のオリンピックが始まりました。

この地バンクーバーでも2010年に冬季のオリンピックが開催されます。

マスコットなどの販売が盛んでしたよ。

006_2 今回のカナダ滞在はわずか3日間でしたが、多くの収穫がありました。

これでカナダのブログは終わりです。

010_2 カナディアンロッキーに再び行けるのはいつの日なのでしょうかね。


飛行艇で氷河を見る

056_2最終日は、あいにく天気が悪く、気温も20度以下。

ウィスラーで、記念になるアトラクションに行こうと思って探してみると、飛行艇に乗って、永久氷河の観光に行けるプランを見つけました。

問い合わせをしてみると、寒かったのが幸いしたのか、当日でも空きがあるそうです。

早速行くことにしました。

飛行艇とは、飛行機の車輪が船のようになっていて、水上で離着陸をする飛行機です。

スタジオジブリ・宮崎駿アニメの「紅の豚」に出て来るあれですね。

059 通常のセスナと中は同じなのですが、初めて見る飛行艇に興味津々です。僕も操縦士ライセンスを持っているので、副操縦士席に座らせてもらいました。

069 飛行を始めると、ウィスラーの街がよく見えます。

綺麗ですね。

084 この日は最初は、視界が悪かったのです。でも、10分ぐらい飛んでいると

085 氷河が見えてくるのですよ。

116_2 見えますか?

氷河は青いと聞いていましたが、本当に青いのですね。

106高級時計ロレックス社が、以前、氷河をモチーフにした「アイスブルー」の文字盤の時計を販売したのですが、まさにその通りの淡いブルー。

感動しました。

120 旋回して湖に戻ります。

134 操縦士は8年間この飛行機に乗っていると言っていました。

152 そして着水。僕にとっても、はじめての経験です。思ったよりもショックがなかったです。

154 最後にパイロットと湖面で記念写真を撮りました。

約30分程度の飛行時間でしたが、氷河を見るなんて、はじめての経験で、僕は非常に感動しましたよ。


カテゴリー