TakahiroFujimoto.com

HOME MAIL
HOME PROFILE BOOKS MUSIC PAPERS CONFERENCES BLOG MAIL CLOSE

BLOG 藤本幸弘オフィシャルブログ

BLOG|ブログ

●2014年5月 11th EADV Symposium in Belgrade,Servia⑧ウィーンでトランジット

というわけで、現在セルビアはベオグラードに向けた便を待つため、ウィーンでトランジット中ですが、その間4時間もあったので街まで来てしまいました。

気温は19度。地図もいらない勝手知ったる街です。

年末のジルベスターコンサート、年始のニュイヤーコンサートの感動が蘇ります。


●2014年5月 11th EADV Symposium in Belgrade,Servia⑦ 伊DEKA社 Ost

日本時間では5月23日午後でしょうか。

僕は現在セルビアに向けた飛行機を待つべくウィーンでトランジットしています。

イタリア出国前の出来事をひとつご紹介しますね。

※※※

今回のイタリア滞在ではいくつかレーザー会社に関連する懸案事項について、解決策をもたらすためのミーティングに参加したり、視察などを行っていました。

いずれもコンフィデンシャルな事項もありますのでブログで書けないこともあるのですが、最終日モデナにて会食がありました。

世界第三位のレストランに選ばれた、モデナにあるOsteria Francescana。

非常に人気店で全く予約が入らなかったのですが、ある方の後押しで今日の予約が取れました。

しかも通されたのは、ワインセラーの中の特別な部屋。

イタリアはDEKA社の副社長マウロ・ガリとの会食。

この日話さなければならない3つの案件があったのですが、いずれも良い話が出来たと思います。

料理の写真を一部。

ワインとのマリアージュが本当に素晴らしくて、心から感動しましたよ。


●2014年5月 11th EADV Symposium in Belgrade,Servia⑥ 新しい英文論文が発行されました

おはようございます。

僕は今ボローニャに滞在しています。欧州出張後半戦。

イタリア気分を変えて、これからセルビア(旧ユーゴスラビア)のベオグラードに向かいます。

欧州皮膚科学会の参加、さらに米国レーザー医学会の知り合いで、セルビアで開業するDr. Bojana i igorのクリニックも訪れる約束をしています。

イタリアでセルビアを訪れるのは初めてだとメールしたところ、彼が空港からのタクシーを手配したので、心配するなとメールしてくれました。旧共産圏では空港客待ちのタクシーも危ない事があるので、これはありがたいです。

******

今年の僕の2報目の英文論文、パブリッシュされたと米国の編集部より連絡がありました。
Journal of Biomedical Optics誌。

インパクトファクターも高い工学論文誌です。

 

High temperature heat source generation with quasi-continuous wave semiconductor lasers at power levels of 6 W for medical use

医療関係者の方で、もしもご興味がある方がいらっしゃいましたら、PDFお送りしますのでクリニックまでご連絡くださいね。

 


●2014年5月 11th EADV Symposium in Belgrade,Servia⑤ フェラーリから国際レーシングドライビングライセンス

ここからEADVが開催されるセルビアに向かいます。

その前に今回参加したフェラーリドライビングスクール Pirotaの話をすこし。

車としての性能はもちろん、どんな時代にあってもその価格を絶対に下げない戦略や広告を全く打たないマーケティング、ブランドの維持力など、フェラーリの唯一無二の存在感にいつも憧れてきました。

工学部の大学院に通うようになって益々その思いは募るようになりました。

ハイテクノロジーという言葉の持つ意味を、以前よりも深く理解できるようになったのでしょう。

いくつもの精密機器の中で、車という機器を取り巻く市場はある意味特殊なものがあります。

技術はもちろん、制約があるからこそ生まれる独自のデザイン、それを繰るドライバーとドライブする環境やルール、支えるメカニック他スタッフ・・・様々な要素がすべて揃うことで産まれ得る可能性と見える景色は、他の精密機器の世界では見ることのできないものなのではないでしょうか。

そんな車の王国の中で、フェラーリは常にずば抜けて煌めいてきました。

車の性能だけを考えれば、フェラーリを凌ぐものは過去にあったことでしょう。企業としてもより優秀なところはあり、実際絶望の縁に立ちかけたこともありましたよね。

それでも、あの誰も真似のできない特別な色の車をいつだって大衆が求め支持してきた。

フェラーリがフェラーリたる所以を肌で感じられる場所は限られています。

そんな中、数年前からこちらのドライビングスクールに参加しています。

スクールには「Sports」、「Advance」、「Evoluzione」、「Challenge」・・・と4つのコースがあり、格下のコースを修了してディプロマをもらえないと次に進むことができません。

僕は一昨年にスポーツコースを、昨年にアドバンスコースを修了しました。

残すはエボリューションとチャレンジですが、通常エボリューションコースとチャレンジコースはそれぞれ2日間 合計4日間のコース。現在の僕のスケジュールでは4日身体を空けるというのはなかなか厳しい現状があり、今年は見送る予定でした。

しかしながら、この二つを組み合わせて3日間で修了できるスペシャルコースが年に二回だけあり、そのうちの一つが日程的にセルビアで開催されるEADVと組み合わせられることがわかり、これなら行けるかもしれないと申し込みをしたのです。

ところがフェラーリ社で規定の人数が集まらなかったため、直前に選択を迫られます。

日程を後日に変更するか。または、座学を一日、翌日に丸1日サーキットと10名弱のスタッフを僕だけのために貸し切るので、一日で80以上のラップをこなし、国際C級レーシングライセンスを発行する試験を同日に受けるという、実質2日コースに短縮して受講するか。

飛行機がすでにもう動かせないタイミングでの連絡だったので、僕はやむなく後者を選びましたが、あとでわかったことは本来ならば4日間かかるはずのコースを、個人レッスンにして2日で終わらせるというのは、実はフェラーリ社でも初めての試みだったそうです。

二つのコースを無事修了し、筆記および実技試験に合格すれば国際レーシングライセンスが手に入ることとなるのです。

体力も気力も必要なこのコース。

万全を期して現地入りしたいところでしたが、出国ぎりぎりまで様々な案件の処理と検討に終われ、また乗り継ぎの難しさもあり、欧州に入ってからも打ち合わせやメール対応などあまり時間の余裕もないような状況でしたので、体に疲労感を残したまま濃密な二日間に入ることとなりました。

その二日間について詳しくはまた後日書いていこうと思いますが、とりあえず最終日の御報告を。

このコースに参加する人は、自国でもレース経験がある様な人ばかり、それでも4日間かけてのコースに参加しても基準タイムが出ずに、参加者の内3割はライセンスが取れないのだそうです。

この日一日だけのサーキット走行日。

朝から車を458、458スペチアーレ、458チャレンジと三台乗り換えましたが、チャレンジのカーブの速さに感覚がついてゆけません。

C級ライセンス発行のためのコースの基準タイムは1分16秒215。

時差ぼけも暑さもあって、最後のテストまでに出た最高タイムは、1分16秒823。

40セッションで基準タイムが出ない。

疲れも限界に来ています。

数日あれば車にもスピードにも慣れるのですが、さすがにサーキット走行が一日では僕にとってはまだ無理があるなと、国際ライセンスの取得はこの時点で半ば諦めかけていました。

一方で、今日一日僕のために付き合ってくれている赤い服を着た10人近いスタッフのためにも頑張らなければと、最後8周の実技テストのために、集中力を高めて臨みます。

規定コースを終え、まずは筆記テスト。

前日時差ぼけの中で勉強した英語の筆記試験。試験終了後、オフィシャルの試験官から採点うけています。

こちらはなんとか合格のよう。

そして、結果は最後の実技テストでという事になりました。

精神集中してマシンに乗り込み、テストの周には最初から1分16秒台がコンスタントに出るように。さらに周回を重ねるごとに徐々にタイムが縮み、基準値を満たすタイムが・・・。

そして、最後の周回でなんと!

1分15秒台前半のファステストラップが出たのです。

国際レーシングドライバー資格が確定した瞬間でした。

火事場のなんとか・・・でしょうか(笑)。

夢に見た国際レーシングドライビングライセンスをフェラーリで取得したのです。

写真を見ると、全力を出し切って、憔悴していますね。

しかしながら、これは本当に感無量でしたよ。

今回最高のバディとの、お疲れさま食事会。

これ以上ない美酒でした。

コースディレクターでもあり、F1ミナルディフェラーリのテストドライバーでもあった、Andrea Piccini。

二日に短縮されたコースにほぼすべて付き合ってくれました。

彼の助けなくしてこの結果はあり得ませんでした。

そして改めて僕はここで貴重なビジネスのヒントを多く得ました。

きっと帰国後にそれらは生きて再構築され、前へ前へと動き出すことと思います。


●2014年5月 11th EADV Symposium in Belgrade,Servia④再びパルマに入りました

おはようございます。

僕は本日パルマ入り。1年ぶりに訪れたパルマの街。指揮者トスカニーニの故郷。スタンダールのパルムの僧院の舞台。パルミジャーノと生ハムの街です。

プロシュートは何を食べても美味しい。

そしてバルサミコ酢とオリーブオイル。

素晴らしい赤ワイン。

Chianti Classico Costello Monsanto 2011。

フェラーリドライビングスクールPirota。Sport Advance Evoluzione Challengeの四つのコースがありますが、いよいよ明日は最終コースのChallenge

国際ドライビングライセンスに挑戦です。

フェラーリを正確に操るのには、物理学の知識が必要です。

車体に働く4つの力。

今日はEvoluzioneのセッション修了。

明日はChallengeです。


カテゴリー