TakahiroFujimoto.com

HOME MAIL
HOME PROFILE BOOKS MUSIC PAPERS CONFERENCES BLOG MAIL CLOSE

BLOG 藤本幸弘オフィシャルブログ

カテゴリー:書籍・雑誌・漫画・文藝

ヒトのDNAの大部分は「ウイルス」で出来ていた

ウイルスによって害もありますが、結局生物はウイルスによって進化させられてきたとも言えるんですよね。

ヒトのDNAには、ウイルス由来のDNA断片がたくさん入り込んでいるんです。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/48214?fbclid=IwAR0R_My8CbhEt9P3fpxIbi5XENMhlqEYrquUqRY_EPhFB5DqwEWKxCDDhds

中屋敷均先生の「ウイルスは生きている」おすすめですよ。


大栗先生の著作

新型コロナウイルスの話題ばかりですが、空いた時間に、専門の電磁気力以外の、素粒子論で論議される3つの力について知識のアップデート。

顧問をしている企業の医療立証におそらく必要なのです。

大栗先生の著作は本当にわかりやすいです。


世界5大宗教入門

元外交官の山中俊之氏の著作。とても良い本でした。

僕も仕事柄、本当に多くの人に会いますが、

「教養とは世界で活躍するためのパスポート」というのは全く同意します。

個人個人で価値観が違うと思いますので、決して奢るわけでは無いですが、

ビジネスでもなんでも、僕の場合は教養の程度と興味が合う人と話して、

何かが展開する兆しがないと、次に会おうという気にならない。

常に学び、自分の教養をつけるというのは本当に大切ですよね。


ホモデウス

家にいる時間が増えるこんな時は読書で教養を高める絶好の機会ですね。

ホモデウスが面白かったので、またAmazonで買いました。

僕は高校生の時には外交官になりたかったので、

現役の時は文系学部を受けていましたが、世界史地理の二科目選択にしてました。

地政学&国際関係論の本はいまだに大好きです。

 

 


ホモデウス

前作サピエンス全史も面白かったですが、ホモデウスも面白い。

人類は、飢餓、感染症、戦争のどれかによって常に脅威に晒されて、時代時代において人口の数十パーセント以上を失ってきた歴史があり、神の存在を信じる事で切り抜けてきた。

今世紀に入りこれらの危機要素が無くなったため、新たな価値観の時代に突入したといえますよね。

一気に読めます。

面白い。

以下書評より。

「我々は不死と幸福、神性をめざし、ホモ・デウス(神のヒト)へと自らをアップグレードする。そのとき、格差は想像を絶するものとなる。」


カテゴリー