TakahiroFujimoto.com

HOME MAIL
HOME PROFILE BOOKS MUSIC PAPERS CONFERENCES BLOG MAIL CLOSE

BLOG 藤本幸弘オフィシャルブログ

カテゴリー:医療

4年前の今日は

ちょうど4年前に全国のポーラレディ成績優秀者さんの前で、水素水の抗酸化の効能について招待公演をさせていただいた記事が、Facebookのタイムラインに上がってきました。

皆さんの熱気の中大変楽しい会でした。

実は先週の3月12日に同じポーラの主催の会での講演を頼まれていたのですが、またもやコロナのため会自体が中止に。

日本だけでも一体どんなに巨額な経済価値が失われたか分かりません。おそらく数兆円規模でしょう。

キスハグの文化がない日本においては、何度も僕が主張するように

1)家に帰ってすぐお風呂

2)マスクで喉鼻の粘膜を守る

3)部屋の加湿

4)ビタミンCを中心とした栄養補給で免疫を上げる

5)帰宅後のスマホの消毒 をするだけで、かなり感染が防げるはず。

怖さばかりではなくて、これをマスコミで流し続けるべきです。怖さを語っていれば文句も言われないし、そちらの方が視聴率が稼げるからでしょうけれど。

ちなみに、お風呂は感染防御目的ではないですよ。体温を上げるために入るのです。

疫学的には、コロナウイルスに感染して完治した若い免疫力を持った人が多くなれば、自然に治まります。様々な感染症から人類が戦ってきましたが、総体としては負けたことがないですよね。

オリンピックに関しては、経済的に東京にお金が落ちるかというと、そうでもなく、実際に反対している人も多い。開催による利権がかなり絡んでいるとおもっています。ですが、スポーツ選手にも旬があり、こちらはサポートしたいですよね。

政策としては、児童生徒の休校ではなく、本来はリスクの高い高齢者の外出禁止令をすべきでしたね。有権者を大事にしたいのでしょうが。

 


花粉症?それとも

今年は花粉症が全くない。

やはり原因はスギ花粉じゃなくて、

お隣の彼の国の工業大気汚染だったのかなあ。

今はコロナで静かですから。

または、僕の場合花粉症ではなく、先輩ドクターよりご指摘いただいた大気汚染物質アレルギーだったのかもしれない。

こちらは2016年6月に中国は北京を訪れた際のブログから。

https://takahirofujimoto.com/blog/blog/laser-ipl-rf-plasma-ebmd/smilelift/post_13594/

 

中国では楽しい思い出も沢山ありますね。


日本医師会雑誌2020.1月

年末に届いた日本医師会雑誌。

1

がんに対する分子標的薬と免疫療法薬の副作用についての知識のアップデートができました。

ノーベル賞も受賞し、夢の薬のように謳われましたが、まだまだ課題は多いですね。

がん治療は大変です。頭が下がります。


ディフェンシブ サプリメント

今日はクリニックFの診療日です。

明日からのお盆休みを控えて、クリニックは大忙しです。

19日から外来再開いたします。

サプリ_1

先だってより作成していた身体を守るディフェンシブ サプリメントが完成しました。

1日に必要な12種類のビタミン。

特筆すべきは2000mgの桁外れのビタミンC配合。

女性に必要な亜鉛やヘム鉄、ピクノジェノール。痩身効果のあるαリポ酸などを配合したもので、レシピは薬学博士でもある僕が作りました。

サプリ_2

身体の中の細胞の酸化が老化であり、核酸(DNA RNA)の酸化が癌化であると言えますが、これらの活性酸素の初動であるスーパーオキシドを破壊する酵素(SOD)は35歳をピークに低減してしまいます。

これが癌化や老化、更には疲れの元となるのです。

ドラッグデリバリーの血中濃度逓減率を考えると理論的には一回3錠を飲めば、それから3-4時間の間、身体の酸化が抑えられます。

お菓子の様に1日5回ぐらいに分けて飲んで頂けると理想的ですね。

一袋150錠で9800円外税です。


世界皮膚科学会 Th2サイトカイン

ミラノで世界皮膚科学会参加中です。

1

皮膚科的にはレーザーの分類はこのようになるのですね。


5

34
三つのセッションに分かれていて、
1色素と脱毛レーザー治療
2傷跡の改善と若返りのレーザー治療
3血管に対するレーザー治療

2

僕の医学博士号は皮下の免疫細胞の研究でしたので、個人的にはアトピー性皮膚炎にインターロイキン13を含めTh2サイトカインが関わっているというのは興味深いです。


カテゴリー