TakahiroFujimoto.com

HOME MAIL
HOME PROFILE BOOKS MUSIC PAPERS CONFERENCES BLOG MAIL CLOSE

BLOG 藤本幸弘オフィシャルブログ

カテゴリー:欧州 ブルガリア編

リラの僧院へ

019 さて、一夜明けて朝日を拝みます。

今日の夜にはソフィア駅から寝台列車に乗り、ルーマニアに出発しなければなりません。

しかし、その前にどうしても行きたかった場所に行ってみることにしました。

その場所とは「リラの僧院」

ソフィアの街から南下し、鬱蒼とした緑に囲まれた山の中に突然現れるといわれる、ブルガリア正教の総本山ともいうべき僧院です。

030 リラ村までは、このような快適な高速道路が走っています。

040 しかし、村から僧院に向かう道に入ると、最初はこのような綺麗な道に入りますが、

043 徐々に山奥に入りこんでゆきます。

112こんな感じの山道をひたすら登ってゆくのです。道も細くなってゆきます。

049_2 しかも、山を登るにつれ、だんだん高度が上がってきて、新緑は姿を消し、枯れ木が増えてきます。

いったいどこまで連れて行かれるのだろう・・・と不安になった頃、いきなり現れたのが、この僧院の背の高い門でした。

048 この門にある入口をくぐると、

052 「あっ」

思わず声を上げてしまいました。

突然大きな僧院が、目の前に姿を現すのです。

この僧院は、10世紀にイヴァン・リルスキーという一人の僧が隠遁の場所としてこの地を選び、小さな寺院を建てました。

その後、1018年にビザンツ帝国がこの地を占領し、1187年にブルガリア帝国として再度独立を果たすも、1398年にオスマン帝国に占領され、以来、約500年もの間、イスラム教の支配下になることになります。

100イスラム支配下の500年の間、キリスト教信仰や、ブルガリア語の書物を読むことさえ禁じられていたのですが、この山奥の僧院のみ、黙認がされていたそうです。

094 この僧院は数百年もの間、ブルガリア語の書物や、文化を守ったともいえるのです。僧院内にそれらを展示した博物館もありました。

僧院の中に入ると、正面のアーチの下には色彩豊かなフレスコ画がたくさん描かれています。

057 フレスコ画はどれも見事です。

内部は写真撮影が禁じられていましたので撮影できませんでしたが、黄金に輝く巨大なイコノスタスがありました。

086 ここでもちょうどミサが行われていましたよ。 

063 この僧院の四方は壁のような建物で囲われています。

077 この「壁」には、4階建ての約360室もある部屋があり、そこで多くの僧が寝泊まりしていたということです。

070 確かに階段を上ってみると、ホテルのようなつくりになっているのがわかります。

080 横から見るとこんな感じです。思ったよりも奥に長い建築であるのがわかりますね。

066 実は1833年に、この僧院内で、大火事があり、建物のほとんどは再建されたものなのだそうですが、このフレリョの塔のみが14世紀の建築のまま、残されました。

085 時計と鐘が見えますね。

すばらしい体験でした。

137 帰りにはソフィア近郊の世界遺産にも登録されている12世紀のフレスコ画で有名なボヤナ教会(写真禁止でした)や、見晴らしの良いコピトト山を回ってもらい、ソフィアの鉄道の駅に向かいました。

001寝台電車はこんなに古かったのです。

この電車で約8時間。

陸路でルーマニアの国境を越え、明日の朝にはいよいよ、今回のヨーロッパ皮膚科学会(EADV)が開催されるブカレスト入りします。


ソフィアの街に沈む夕日

002_3ホテルからはソフィアの街に沈む夕日がよく見えました。

この写真の左手に見える寺院は先ほど訪れたネオ・ビザンツ様式のアレクサンダル・ネフスキー寺院です。

右手に見える緑色の屋根の建物はソフィア大学です。

クリニックFの目の前の上智大学も、ソフィア大学といいますが、関連はあるのでしょうか。上智大学の出身の方がいたら教えてください(笑)。

003_2 遠くに落ちてゆく、大きな太陽は、いつ見ても感動しますね。

009 日本の場合、地理的に山に太陽が沈む場合が多いのだと思います。

日が沈んでもしばらく明るいですよね。

でも、大陸だと、地平線に太陽が沈むので、夕暮れという時間がきわめて短いのではないかと思います。

ほんの数分のうちにあたりが暗くなってしまいます。

015 ほら。アレクサンダル・ネフスキー寺院がライトアップされています。


ブルガリアに残るローマ帝国のなごり

さて、もうしばらく僕が4月に訪れたブルガリア・ルーマニア渡航記にお付き合いください。

ブルガリアにはローマ帝国やオスマン朝トルコの影響が多く残っていました。

047この写真は、旧共産党本部前の地下道にある、古代の城郭都市であるセルディカの遺跡。ブルガリアの地下鉄の工事中に偶然発見されたものだそうです。

048 ローマ帝政治世の元、2世紀に市の中心部を中心に500m四方にわたって城壁が建てられていたと考えられているそうです。

0544世紀に建設された聖ゲオルギ教会。

現在はこのように近代的な建物に囲まれた教会は、ローマ時代の浴場跡の上に建っています。

手前に見えるのはその遺跡群です。

038

聖ゲオルギ教会の内部です。

073 この教会は6世紀にユスティニアヌス帝によって建てられた聖ソフィア教会。

ブルガリアの首都のソフィアの名前はこの教会に由来するそうです。

ビザンツ様式とロマネスク様式が合わさった初期キリスト教会堂です。

026こちらはオスマン朝支配下にあったときの14世紀に建てられたいわゆる地下教会、聖ぺトカ教会。

地下道から屋根だけを地表につきだしているように建設された教会です。

イスラム教全盛の時には、このような形態をとらなければならなかったのでしょう。

************

明日5月18日は、また朝から四谷で診察をしています。来客の予定もあって週明けは多少ばたばたしますが、治療を御希望される方はお電話で御予約ください。また、治療内容についてこの週末もメールをいくつも頂いていますが、週明けに返信メールが届くと思いますので、すこしお待ちくださいね。

 


ブルガリアの薔薇とヨーグルト

最近各国を旅して思うのですが、その国独自のお土産というものは、どんどん減っている気がします。

ブルガリアといえば、薔薇とヨーグルトが有名ですよね。

033 薔薇の季節にはひと月早かったようで、お店に売られているバラは見つけたものの、

残念ながら咲いているバラを見ることはできませんでした。

049このお店はソフィアで唯一見つけた薔薇の商材を扱うお店。

石鹸やシャンプー、香水などが揃っています。

003 かたや、もう一つのブルガリア特産品といえば、ヨーグルトですよね。

ホテルの朝食で生のオリーブとともに、味わっただけでしたのでスーパーに行ってみました。

132すると、味付きのものやいろいろな製品が、ものすごい量が並んでいます(笑)。

聞けば、この数カ月の世界総合不況下で、安価で栄養価の高いヨーグルトの価値が見直されており、ブルガリアのヨーグルト産業は特需なのだそうです。

133

こちらはプレーンヨーグルトの売り場。

製品の種類も沢山ありました。

ひとつ買って、ホテルで食べてみましたが、ヨーグルトの味としては日本と変わりがなかったとは思うのですが、なんだか本場で食べると贅沢な気持になるものです(笑)。


ブルガリアのお金

002 ブルガリアのお金の単位はレヴァ(Lv)といいます。

紙幣は100Lv 50Lv 20Lv 10Lv 5Lv 2Lv の六種類があります。

こんな感じで、僕も当然ながら初めて見ました。

貨幣レートは1Lv=60円弱でした。

2007年1月にブルガリアはECの一員になりましたので、貨幣がユーロに変わる日も近いのかもしれません。

014 食材を買おうとお店に行くと、キャベツがひと玉0.99Lvでしたから、60円ぐらい。

074 ミネラルウォーターも1Lvぐらいでしたね。

屋台で簡単に食事を済ませましたが、一回当たり300円ぐらいで食事できなのではないでしょうか。

075 季節がらススモがあり、美味しくいただきました。ちょっと酸っぱかったですが…。

ナッツなどの食材も豊富で、これは美味しかったですよ。


カテゴリー