TakahiroFujimoto.com

HOME MAIL
HOME PROFILE BOOKS MUSIC PAPERS CONFERENCES BLOG MAIL CLOSE

BLOG 藤本幸弘オフィシャルブログ

BLOG|ブログ

ヴィクトリア&アルバート博物館

099翌日に帰国を控えて、空いた時間、こちらも僕の好きな場所のひとつ ヴィクトリア&アルバート博物館に行ってきました。

136

553ハロッズの前を西に向かってずっと歩いていくとこの博物館につきます。

550551ちなみに、ハロッズの周りにも、象が沢山。

099

この場所はハイドパークの南に位置してあまり地の利がよくないので、時間がないとなかなか行くことができません。

もともとこの博物館は1852年に若いデザイナーや芸術家を援助する目的で作られたものだそうです。

展示物は大英博物館に匹敵するぐらい。

特に日本の美術工芸品の展示は、ヨーロッパで一番のラインアップと言われています。102

101

541

ここのカフェもいいのです。

547

コーナーがいくつかあり、食べるものを選んで

天気の良い日は、気持のよい中庭(The John Madejski Garden)で食べるのが好きです。

542

パブリックWifiスポットでもあるので、ネットもできるんですよ。

539また、この中にある本屋さんも好きなのです。

デザイン系の書籍の趣味がよいのです。

537

538

今回クリニックFへのお土産として購入したのはこの三冊。002

1冊はVOGUE誌の表紙を集めたもの。

1冊はグレース・ケリーの写真集。

もう1冊は世界200都市の地下鉄路線図を集めたもの。

どの国のデザイナーも、地下鉄路線図は、とっても工夫しているんですよね。個人的にはこれが一番気に入ってすぐ買うのを決めました(笑)。

クリニックFの待合においてありますので、よろしかったらご覧ください。


Twitterを公式に始めました

最近、国際学会の予定が詰まっていて、その報告をするだけでも、ブログがリアルタイムに上がらなくなってきました。

世界各国のレーザ医療関連の学会に、ここ数年、年間15回以上海外出張し、講演や発表をしているわけですから、すべての情報を網羅してアップするにはある程度のタイムラグもやむを得ないと思っていたのです。

来月以降も既に2011年1月まで、月1回以上の国際学会招待講演の予定が決まっています。

しかしながら、これでは学会に参加している際の僕の感想がリアルタイムに伝わりません。

そこで、クリニックF公式ブログ、新国際学会周遊記でも、公式Twitter を始める事にしました。

こちらをクリックして頂ければ

FujimotoClinicF

Twitterが簡単に登録できます。

宜しかったらフォローしてみてください。

ブログ新国際学会周遊記とは違ったリアルタイムの情報を、世界各国から提供できると思います。


帰国しました

未だにこのブログでは、先週滞在したロンドンの出張話が終わっておらず申し訳ありません。

実際の僕のほうはシンガポールでの講演および、ADLSの学会参加、クリニック訪問、機器のデモンストレーター・・・など、すべてのスケジュールが終わり、チャンギ空港から今朝成田に着きました。

166

ソルタメディカル社による「フラクセル3DUAL」と「サーマクールCPT」の招待講演だったのですが、このふたつの機種は、アジアの中では日本が最も販売が早かったのです。

僕もフラクセル3DUALをデモ機の段階で個人輸入し使用を始めましたので、昨年12月から治療に取り入れていることになります。

サーマクールCPTも昨年11月の正式販売と同時に国内輸入1号機をクリニックFに導入しましたので、この機器に関しては、アジアパシフィック地域で最も経験のあるドクターということになります。

前機種のフラクセル2や、サーマクールNXTと比較して、どちらも治療効果が圧倒的に優位だという情報が既に知れ渡っていたため、興味を持ったドクターが非常に多かったです。

0891

今回は、シンガポールでもっとも最近開発された、セントーサ島のリゾートワールドの施設で講演会が行われました。

この招待講演で、いよいよ僕の海外での英語の講演回数が60回を超えました。

今後、正式認可が下りるシンガポールやインドネシア、マレーシアのドクターたちに、フラクセルとサーマクールの併用療法によるニキビ痕の改善や、毛穴の縮小、そして、多くのドクターが興味を持っている肝斑治療について、僕の経験を話させて頂きました。

会場のドクターたちは、僕が持っていった肝斑や、ニキビ痕の多くの症例写真の改善には目を見張っていましたよ。

今回シンガポールに集まった、ソルタメディカル社のアジアパシフィック地域の営業やマーケティングスタッフは6名。全員男性だったのですが、国籍は、

アメリカ、台湾、フィリピン、韓国、香港、マレーシア

・・・と、とても多彩。

ほぼ全員がMBAホルダーで、それぞれの国々でも、とても期待された優秀な人物なのでしょう。ジョンソン&ジョンソンなど、国際的な医療舞台で活躍する会社にいた人ばかり。

英語がメイン(たまに中国語(笑))での会話が主体だったのですが、30~40代のほぼ同年代だっただけに、色々な話題で盛り上がり、学生に戻ったときのようで、とても楽しかったですよ。

さて、今日からまた東京・四谷で診療を行いますので、またどうぞよろしくお願い致します。

クリニックFは、支えてくださっている皆様のおかげで、今週26日の水曜日に開院3周年を迎え、4年目に突入しました。

今月はゴールデンウィーク、イギリス・クロアチア出張。そして今回のシンガポールと、多くの休診日を頂いてしまい、患者さんには大変ご迷惑をおかけしました。

クリニックFは、僕自身が経営が設立、経営に関わった5つ目の美容レーザークリニックです。思えば最初のクリニックに関わったのは、まだ東大の大学院生だった頃。医学博士号を取るために診療と研究の二足のわらじをはいて頑張っていましたが、それは2000年のこと。

以来、もう10年以上もこの世界にいて、レーザー/光治療の情勢の変化を見続けてきました。

レーザー/光治療のように変化の速い、世界の最新技術と診療を、リアルタイムで東京に導入するためには、このペースで海外に出張し、世界の医師たちとディスカッションを続けてゆくこのクリニックFでの診療方針が、結果的に患者さんには最新の情報と治療をお届けすることが出来るという点において最も優れていると、思っています。

今後もがんばって質の高い学会活動と診療を提供してゆきますので、スタッフ一同何卒よろしくお願いいたします。


チェルシー優勝の日、ロンドンでは

London_096 クロアチアからイギリス・ロンドンに戻ると、街では大盛り上がり。

London_097 イングランドFAカップ決勝。ウェンブリースタジアムで、チェルシーがポーツマスを下し、2季連続6度目の優勝を果たしたのが、この日2010年5月15日でした。

走りさる数台のダブルデッカーを横目で追いながら、僕はミュージカル「ビリー・エリオット」を観る為に小走りでチューブステーションに向かっているところです(笑)。


さらばクロアチア

480

最終日のこの日、クロアチアは暴風雨でした。

早朝、強い風の音で目が覚めました。

午前中、学会に参加しながらも、飛行機が飛ぶのかなあと心配でしたよ。

ロンドンまでのフライトは1日1便。お昼のみです。

なんとか定刻の2時間前に空港に着きます。

500

空港のお土産やさんで、初めてクロアチアのお土産を見ていたら499

「アイ ラブ ドブロブニック」のTシャツの下に、ハローキティを発見。

パリでもロンドンでもいましたが、クロアチアにもキティはちゃんといましたよ(笑)。

今や日本が世界に誇るキャラクターですものね。

503

空港のビジネスラウンジからはクロアチアの旗が見えました。

504

なんとかロンドンまでの飛行機が飛ぶことが確認できました。

しかし、本当に雲の中を飛ぶような飛行でしたよ。

506

そうそう、クロアチアの貨幣の写真を上げようと思っていて忘れていました。

431

こんな感じです(笑)。


カテゴリー