TakahiroFujimoto.com

HOME MAIL
HOME PROFILE BOOKS MUSIC PAPERS CONFERENCES BLOG MAIL CLOSE

BLOG 藤本幸弘オフィシャルブログ

カテゴリー:医療

仏門学校での勉強始めました

【神学、仏道について、今年は仏門学校で勉強始めました】

以前記事に書いたこともありますが、明治生まれの僕の祖父は身延山で日蓮宗の僧侶の資格をとり、門下の子供を教えているうちに、頭が良いので医師になれと言われ、旧制一校を経て医師になった人です。

ハンセン氏病の研究で九州大学で医学博士をもらい、戦中は沖縄のハンセン氏病施設に赴任されて院長をしており、この時の話は以前テレビでも取り上げられました。

https://youtu.be/v3CsUoGA1Zs

(写真は1945年当時の祖父で、沖縄県公文書館からお借りしています。)

その後、静岡県三島市に居を移し、朝4時に起きてお経をあげ、日中は医院で外来をする生活を続けていました。

僕が物心ついたときには医院は辞めていましたので、将棋やオセロをした記憶しかないのですが、ちょうど僕の大学受験期の昭和の終わりに亡くなったため、それまで外交官を目指して文系の勉強をしていた僕は、この日を境に医学部併願を考えるようになり、10月に願書を取り寄せることになるのですが、まあそれはまた別の機会に。

そんな僕も、あと数年で医師免許を取得してそろそろ30年目の節目を迎えます。最近になって祖父の考えをもう少し深く理解してみたいものだと思うようになりました。

医師になった僕が初期に選択したのは、麻酔救急の分野でした。

急性期医療はまず手を動かせなければなりません。

点滴やIVH挿入、挿管などやらなければならないことがある程度決まっていて、「救命のためにルーチン通りのその作業を素早くすること」が求められていました。

両親も高齢になり、様々な医療相談を受けるたびに、高齢者医療の難しさは、経験ばかりで補えるものではないのだなあと思うようになりました。日本の国民皆保険の保険診療ができたころと比較して、疾病構造が大きく変化していますし、病状も複雑化しています。

人間70歳を越えたら体のどこかに不調を持っているのが当たり前で、がん細胞ともいくつも共生しているものです。

さらに、自分の身体の不調に対するセンサーの感度も落ちています。もしもガンを外科医が見つけたら、相手がたとえ100歳でも健康状態が良ければ切りたくはなりますが、切らない選択肢が良い場合ももちろんある。

多くの病状を想定して、その人の生活習慣や社会的なバックグラウンドや本人と家族のインテリジェンスなどを考慮したうえで、より包括的な最適解を求めるアドバイスが必要になってくるのです。

そのアドバイスや最適解を求める際に、僕は今まで、主に応用科学の世界を扱う、いわば「実態のあるものを対象」とする形而下学に根拠を求めてきました。 物事を考える根拠として、医学(生物学)、工学(物理学)、薬学(化学)の、僕の取得した三つの博士号の分野の研究立証方法を利用すれば、最適解にたどり着けるものだと。

確かに50歳までに、それまで人生の目標としていた「医師としては国際学会100回招待講演」、「研究者として工学部の教授の職を得る」、「経営者としては株式上場に関わる」ことを達成するまでは、その方針で良かったのではないかと思います。

============

しかしながら、今後、自分の思考根拠をサポートする上でどうしても必要だなと思うのは、神学、仏道などの「実体のない原理」を研究の対象とする形而上学なのですよね。

人間が生まれて20万年。意味がある文字をもって記録が残るようになってからは1万年余りと言われていますが、実際のところ、ほんの100年前までは、医学も栄養学も進歩しておらず、病気は祈って治している場合が多かった。

この分野を一度きちんと学ばないと、先にはいかせてもらえない。そんな気持ちになりました。

得度を目指して頑張ります。


医学と人体の複雑さ

僕が医学部にいっていた80年代から90年代は、細菌も、ホルモンも、解剖も、遺伝子も、心電図や脳波も発見され、目に見えるものに関しては、医学が万能感に満たされた、わかった気になっていた時代だったのではないかと思います。

解剖学上で機能がわかっていなかった虫垂や脾臓を、炎症や外傷が起こったので乱暴にとってしまったりしたわけです。

しかしながら、この30年で医学には飛躍的な発見や進歩が起こりました。

例えば、チンパンジーと97%も同一であるDNA遺伝子は、ごみの様な無駄な情報ばかりだと教科書にも書いてありましたが、今ではそのゴミだと思われた部位にたくさんの情報が書き込まれており、唾液からDNAを取得すると、あたかもモンタージュ写真に近いような顔写真が合成できるような時代になったのです。

脂肪細胞や筋肉細胞、さらには腎臓の細胞に至るまで、体内の多くの細胞が、気の遠くなるほどのメッセージ物質をやり取りしていることがわかってきましたし、60兆の体内の細胞に対して100兆もの腸内細菌が独自のネットワークで生体の感情までもコントロールしている可能性があることも明らかになりました。

つまり、人体は、人間が想定していたよりもはるかに複雑であったという事なのです。

============

例えば、日本は、山中教授のiPS細胞のノーベル賞により、国策の一つにしようと思ったのでしょう。幹細胞系の治療に対する基準が他国に対してとても緩くなっているのです。

本来であれば実験検証レベルの事が、臨床利用されてしまっている現状があり、世界トップの科学雑誌から名指しで指摘されているような現状があります。

肌の再生の分野であれば、幹細胞系の治療を行うことで、若返りを期待できると、多くの施設がこの治療を推奨しています。

しかしながら、生物学の常識からすると、皮膚や神経組織などの外胚葉由来の細胞は、基本的に幹細胞が末梢に出ることはなく、再生しないもの。

万が一、角膜や網膜を怪我してしまったとして、この幹細胞点滴治療で視力が回復しますと言われ、その治療を信じられるでしょうか?

=============

やはり生物学に属する医学は100%正しい解法はなく、多くのケースを想定して総合点で高い解法を選択する学問。

多くの事象を予想できるかどうかは、医師であることは関係ない。全く予想を反した動きが出ることもあります。最新治療のエビデンスを取得するという事は、かくも難しく、複雑なことだなあと思うのです。

==============

人間を取り巻く環境はあまりにも複雑になり過ぎていると考え、「シンプルな人生を生きたい」と思う人は少なくありません。

しかし、シンプルになってしまうことは「老化の兆候である」と、ハーバード大学医学大学院で老化について研究するLewis A. Lipsitz氏が述べています。

Did Henry David Thoreau Know the Secret to Eternal Youth, Or Was He All Wrong?

http://nautil.us/…/the-real-secret-of-youth-is…

若々しさと健康は多くの点で「複雑性」と関連しているとLipsitz氏は主張しています。

例えば、骨の強度は結合組織の精巧な足場からなり、脳の働きは複雑なニューロンの網から構成されます。また、心臓の鼓動のように一見するとシンプルな身体機能でさえ、代謝や神経の伝達、遺伝子のスイッチ、概日リズムといった要素の相互作用からなっているとのこと。

Lipsitz氏は老化によって人体からはこれらの複雑さが失われてしまうと、老化や病気などにつながると述べています。

人体の複雑さを理解するには、「複雑」という言葉が科学的にどういう意味なのかを理解する必要があります。

複雑でないものの例として、Lipsitz氏はピタゴラ装置を例に挙げています。いくつもの仕掛けからなるピタゴラ装置は一見すると非常に複雑なものに見えますが、実際には特定の入力パターンに対して特定の出力を行うだけであり、科学的に考えると振る舞いが予測しやすく、複雑とはいえません。また、途中の1箇所を切断するだけで装置が機能しなくなるため、システムは脆弱であると。

一方で「科学的に複雑なプロセス」では、多くの機構が空間や時空において複数のスケールで相互作用します。相互作用は非線形なものであり、特定の入力が特定の出力につながるとはいえず、不安定で予測不能なものとなります。

たとえば、人間が足を上げるためには感覚器官が周囲の状況を把握し、神経が筋肉へシグナルを発します。このとき筋肉は足を動かすためにタンパク質を作り出し、エネルギーとなる糖が必要な場所へ送られるといった複雑な相互作用が発生することになります。このような人間の働きは科学的に複雑だと。

つまり、複雑さが、人間が人間たる所以であり、社会的なつながりも複雑であればあるほど、つまり広範で多様なネットワークを維持している人ほど健康と幸福が得られるという研究結果もあります。

畢竟、人間がより人間らしく若々しく生きるためには、体内体外共に、複雑性が必要なのです。

あと数年後の次世代の科学は、分析ツールとして量子コンピューターを手に入れることができるわけですし、AIもさらに発達するでしょうが、果たして神の造りし人体の複雑性に対応することができるのでしょうか?

科学者として楽しみです。

この写真は本文とは関係無いのですが、何を見ているでしょうか?


世界の富裕層が集まるスイスの滞在型健康施設

世界の富裕層が集まるスイスの滞在型健康施設。Clinique La Prairie。

https://takahirofujimoto.com/blog/blog/business-overseas/post_63270/

※2016年に訪れた時のブログです。

こうした企画を日本に作りたいと何度か相談受けていますが、実際の施設をみると、日本での運営はかなり難しいでしょうねえ。

保険診療に慣れている日本人は医療の情報や予防がタダで手の入ると思っている。

実際には我々医師は日々勉強してますよ。

最低でもネットサーフィンで診療最新情報を集めて、気になったものは英文論文を検索もしくは購入し、エビデンスを拾います。


2022年年末のご挨拶

東京では12月31日の太陽が沈み、いよいよ2022年があと数時間で終わります。もう数名の患者さんを診察施術して今年の外来が終了となります。


*写真は鎌倉は由比ヶ浜での日の入りです。

引き続き難しい状況が続いた1年でしたが、そんな中でもクリニックにお越しくださった方々に感謝いたします。ありがとうございました。
マスクの常用による顔の違和感にもすっかり慣れてしまった感があります。紫外線や埃といった刺激物もある程度カットしますから、皮膚の質感自体は上がって良さそうなものですが、これがどうしてどうして。コロナ禍による外出の減少やマスクの常用により肌が綺麗になった!という方は残念ながらあまりお見掛けしませんでしたね。

何より指摘したいのは、僕が「マスク肝斑」と呼んでいる症状。マスクを一日中していると、頬の同じところが何度も擦れてしまうので、これが三年ともなると!まさに肝斑様のシミを持って来院する人がとても多いのです。対策はもちろんレーザーもありますが、まずは原因を根絶するために、なるべくマスクを外す。さらに着けなければいけない場合も形状の違うマスクを一日に数回変えていただくのが良いと思います。

くすみや緩み、弛みが進んでしまった方も多かったように思います。きっとこれは「マスクがあるから」「どうせマスクで見えないのだから」という気持ちの欠片が心のどこかにあり、洗顔やスキンケアが疎かになったり、メイクによって保護されていた皮膚が露出してしまったことにあるのでしょう。
もちろんですが、そのほか社会情勢により過緊張やストレスが続き、心がなかなか晴れず自律神経調整機能が落ち、ホルモン活性も下がる、という要因もあるでしょう。

もう一点、海外では、コロナワクチン接種により、高確率で白斑が発生するという事例がこのところ報告されています。日本人は白斑には気づきにくいと言われていますが、皮膚科的にはシミよりもはるかに治療が難しいとされています。おそらくmRNAのコロナワクチンがメラノサイトの突起に過誤反応してしまい、自己免疫疾患を引き起こすのではとの議論がありますが、こちらも引き続き要注目ですね。

=================
今年お会いした患者さんには、クリニックFにお越しくださることが「久しぶりのお出かけなんです!」という方も何人かいらっしゃいました。僕たちとしては大変光栄なことで、「久しぶりのお出かけ」を出来るだけ楽しく有意義なものにするにはどうしたらよいか 細かなことをスタッフと話し合ったり実行に移した年でもありました。

皮膚にとって「お出かけ」は大切です。天気を感じ、自然の色を観て、音を聴いて、足を動かし手を動かす。登ったり降りたりして、手を延ばし気になるものに触れてみる。人と目を合わせ、会話をし、頷いたり笑ったりする。時に怒り泣くことも良いでしょう。五感の刺激を豊かに感じること。そのすべてが皮膚を磨いていきます。

僕たちにできることは変わらず最新知見を以て適切な機器と照射方法を選択し、その皮膚にあるDNAを再び起こす刺激を与え、目を覚まし開いてもらうことになります。

今年お会いできた方も、逆にお会い出来なかった方も どうか佳いお年をお迎えください。また2023年にお目にかかります。

クリニックF 院長  
医学博士 工学博士 薬学博士 MBA
藤本 幸弘
2022年12月31日クリニックF院長室にて


糖尿病とタンパク質について

著名な女性誌から過剰なタンパク質の摂取について取材を受けました。

プロテインバーやプロテインドリンクなどが主食になっている人が多いのかもしれません。

こちらはまた別途リリースのタイミングでご案内しますが、今日はそこから少しスピンアウトして、糖尿病とタンパク質について書いておこうと思います。

糖尿病の際には、タンパク質の摂取を控えるように言われます。

糖尿病の三大合併症は、腎症、神経障害、網膜症ですが、特に糖尿病腎症のリスクがある方や、すでに発症してしまった患者さんに関しては、タンパク質の摂取制限を指導されるのが一般的です。

前のブログにも書きましたが、タンパク質は、他の三大栄養素である脂質や炭水化物と大きく違う点があるのですが、それは構成している元素です。

脂質や炭水化物はC(炭素)とH(水素)とO(酸素)の三つの元素で主に構成されているのに対して、タンパク質はアミノ基を含む構造上、CとHとOに加えてN(窒素)が必要となるのです。

CとHとOだけなら、CO2(二酸化炭素)とH2O(水)に分解できるので、呼気と尿で体外排出できるのですが、Nを身体から排出するのは少し複雑です。

タンパク質が分解されて生ずるアンモニアを、肝臓の“尿素回路”で代謝することで、体外排出できる尿素を作ることで、Nを排出するのです。

タンパク質が体内で合成されるときにはアミノ酸が使われるのですが、そのうち余分なタンパク質は尿素などの老廃物に分解され、腎臓でろ過されますので、糖尿病腎症の進行を早めてしまします。

つまり、構造上Nが多ければ多いほど、排出時に肝臓にも腎臓にも負担がかかるというわけです。

さらに、血糖コントロールができていない糖尿病患者さんの場合、インスリンがタンパク質合成のサポートを上手くできなくなり、摂取したタンパク質の栄養素を十分に活用することが難しくなるのです。

タンパク質は身体をつくるために重要な栄養素のひとつですが、糖尿病治療を開始している方の場合には、過剰摂取に注意が必要です。

過ぎたるは及ばざるがごとし。良薬口に苦し。たんぱく質の重要性もわかりますが、健康に関しては、必ず身体によい反応と悪い反応の功罪の両面がありますので、とにかく、自分の身体の反応に常に耳をすませ、バランスを重要視するのが大事ですね。

 

 

そしてもう一点、プロテインドリンクやプロテインバーが主食になってしまってはいけない理由。

それは食物繊維がとれなくなることだと思います。食物繊維は人間には消化ができないという事で、そもそもの栄養素から外されてしまった経緯がありますが、実際には、食物繊維を主食とする腸内細菌は多いのです。

人間の体内の細胞は60兆個、これに対して腸内細菌は100兆個も存在し、細胞の数だけ考えれば腸内細菌の方が多く、言ってみればその集合体が人体です。

腸内細菌フローラが人体にとって免疫防御や、必須栄養素の生成など、人間の持っている細胞では出来ない、有益な多くの役割を果たしていることは最近の研究でよくわかってきました。

腸内細菌のなかでも、善玉菌として知られるクロストリジウムが食べる食物繊維が豊富にあれば、制御性T細胞(Treg細胞)という細胞が発生してしやすくなるという研究成果もあります。

Tレグ細胞は、免疫応答を抑える機能を持ち、自己免疫疾患、炎症性疾患、アレルギー疾患などを引き起こす過剰な免疫応答を抑制することができるのです。

僕が医師免許を取ったのはもう30年近く前、免疫学で医学博士号を取ったのも20年前になってしまいましたが、その時に習っていた生理学、免疫学、さらには解剖学でさえ、現在では大きく変化しています。

脂肪細胞や、筋細胞などが、多くのメッセージ物質(ペプチド)を放出して細胞間でやりとりをしているなんて、待ったくわかっていませんでした。マクロな目で見て、まったく役割を果たしていないと思われていた盲腸(虫垂)や、脾臓を摘出するなんてことをやっていましたが、これらは免疫細胞を成熟させるうえで大きな役割を果たしていたこともわかってきましたよね。

医学はいまだに完成しておらず、研究も日々進歩している学問です。常日頃、多くの情報にふれて、アップデートしないといけませんね。

 

※図は、以前に出版した著書「ディフェンシブ栄養学」で生体を維持するのに必要な50要素をあげたときのものです。


カテゴリー