TakahiroFujimoto.com

HOME MAIL
HOME PROFILE BOOKS MUSIC PAPERS CONFERENCES BLOG MAIL CLOSE

BLOG 藤本幸弘オフィシャルブログ

BLOG|ブログ

先ほど読んだ論文

先月パブリッシュされたばかりで、先ほど読んだ論文。

COVID-19に性質の似ているSARS-CoVやMERS-CoVでは、10年の期間の間、ワクチンや薬を作ることができなかったが、二つのウイルスを参考に作ったモノクロナール抗体を用いることで、COVID-19に対処できないかと可能性を述べたものでした。

これはあり。

薬のリポジションの次に、実現が早いかもしれないなあ。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/32134278?fbclid=IwAR2PPBt1FXNnq4Uyi6bSRaBmpGzy7cxh8a58YyQFtGrfsh5IdEMIvOcTOv0


エムスカルプト

雑誌「形成外科」6月号にて昨年依頼された「エムスカルプト」の原稿が掲載されます。

EMSと比較して10億倍のパワーを持つ筋肉増強機器です。

医学専門誌とは言え、査読も無く載るので、位置付けとしては医学論文ではありませんが、宜しかったらお読みください。


ロックダウン

週末から僕のところにも友人知人よりメールがいくつか来ました。

言葉の運びは多少違えど、今日以降政府が緊急事態宣言を出し、東京23区はロックダウンするという内容です。

僕自身は首都閉鎖の決断に懐疑的です。

特に東京23区の住民は、実家や元の出身地が23区外の方が多いですよね。

皆命や家族、生活を守るために必死ですから、ロックダウンを聞いた瞬間住居を離れ、よく知り尽くしている自分の故郷へ向かう人が続出することでしょう。

しかも在宅勤務や失業も珍しくなくなり、いくら政府が規制を敷いたところで、仕事もなく家賃も払えないから引っ越しをせざるを得ないのだ、と言われてしまえば、それを止める手立てを何か持ち合わせているのでしょうか?

住民票も移され、都は税収入も激減する。

医学的には、感染源としてのウイルスを、大量人口移動により、地方に移動させてしまうという、さらに最悪の結末も考えられます。

自ら考えて、責任を持った行動をとることで対応させてもらいたい。

この点に関しては、政府の英断を待ちたいですね。

閑話休題

ピンチは最高の好機とも言います。

これは、考えようによっては、地方分権へむかう、絶好の機会なのかもしれません。

三密を避けるって、三密を東京に作り上げたのは、他でもない日本政府なのです。

国民をとことん働かせて、でも広い部屋や通勤の自由は与えずに、その三密で日本経済は発展してきたのです。

金融に勤める僕の知人には、グローバル化により、会社と同じPCや電話も自宅に持ち込まれ、内線も普通にかかってくると言います。

テレフォンカンファレンスやビデオカンファレンスももはや常識です。

僕はオランダの企業と医療機器開発をした事がありますが、ネット会議で全く問題ありませんでした。

講義や授業も、リアルタイムのネット放映に切り替えることでほぼ同じ学びが与えられることもわかってきました。

何よりも、インターネットによる消費はかつてないぐらいの黒字を叩き出しています。

東京に住み続けて、高い都民税を払う意味があるのかと、考えますよね。

東京の気密性高い狭い、でも家賃が法外に高い住居に住んで、満員電車に乗って通勤し、夜繁華街で飲んだりゲームしたりパチンコしたりしてガス抜きする。

そういう生活が、これを機に一気になくなるかもしれない。

人に会うということができないと、人間関係は希薄化してしまうとは思いますが、この時期は致し方ないですよね。

こちらは2019年04月に夜桜を訪れた際のブログから。

花見_5

https://takahirofujimoto.com/blog/blog/diary/post_24138/


カテゴリー