TakahiroFujimoto.com

HOME MAIL
HOME PROFILE BOOKS MUSIC PAPERS CONFERENCES BLOG MAIL CLOSE

BLOG 藤本幸弘オフィシャルブログ

BLOG|ブログ

日本ドラッグデリバリー学会

昨日・今日と、日本ドラッグデリバリー学会が芝の慶應義塾大学薬学部の校舎で開催されています。第30回目の開催。

昨日も約800人の研究者が集まって、活発にディスカッションが行われていました。

僕はクリニックから移動がすぐなので、聞きたい演題がある時間帯をちょっと休診にして聞きに行き、また戻ってきたりしています。

僕の研究対象は、レーザー、光、近赤外、マイクロ波、高周波を含む電磁気学なのですが、レーザーを軸に研究を続けているうちに、レーザーアシストによるドラッグデリバリーの分野は避けて通れないと思うようになりました。

こちら、昼の特別講演。

ドラッグデリバリー 30年の歴史を振り返るというものでした。

この分野は医学、工学、薬学を結び、さらにナノテクノロジーなどの材料精密加工技術や分子制御が係るのです。

ちなみに特別シンポジウムの演題を少しご紹介すると、

「ターゲティング型DDSの設計と評価」

「インテリジェント材料とそのDDSおよび再生医療への応用」

「ミトコンドリア標的型核酸ナノキャリアの開発と今後の展開」

「核酸デリバリーのための高分子ナノキャリア設計」

「抗がん剤内包高分子ポリマーミセルの臨床試験」

「ゼラチンハイドロゲルDDS技術を取り入れた骨・軟骨再生医療」

「細胞シート工学の基礎研究と将来展望」

「粘膜免疫のユニーク性に基づく粘膜ワクチンの開発・免疫創薬への新展開」

という感じ。

僕の専門のレーザーの分野の発表をされた先生方とはディスカッションに加わることも出来ましたが、この分野、本当に質が高い研究がなされています。

どの分野も本当に興味深く、講演に聞き入ってしまいました。

僕も、もっともっと勉強しなければなりません。


クリニックFロゴリニューアルの候補

かくいうクリニックFでも、開業以来使っていたVIを少し変えようかと、デザイナーさんに依頼をしたところです。

この辺りが最終案として残っているのですが、いかがでしょうか?

同じFを選択しても、上は上品な感じ。

下は近未来的。

迷いますね(笑)。


今年の欧州皮膚科学会はアムステルダム

10月にアムステルダムで開催される、欧州皮膚科学会(EADV)のお知らせが来ていました。

欧州系では、1月に開催されるパリIMCASと、10月に開催されるEADVに参加して、情報を集めていますが、こちらは欧州最大の皮膚科系学会です。

こちら僕の学会員証です。

欧州の学会の会員証はデザインが秀逸で、みていて楽しくなりますね。

アムステルダムは、音楽好きならコンセルトヘボウというコンサートホールが。

さらに、美術好きならアムステルダム国立美術館やゴッホ美術館があります。

2010年に滞在した時は、フェルメールの故郷であるデルフトまで足を延ばしたのですよね。

アムステルダムで、印象深く覚えているのがこちらのVI(ヴィジュアルアイデンティティ)です。

こちらの表示が街の至る所にあったのですが、街にVIがあること自体、感激しました。

ちなみに米国アップル社は、毎年このVI(ちなみに企業の場合はCI:コーポレート・アイデンティティ:Corporate Identity)を少しづつ変えているのだとか。


今年初めてのサーフィン

週末は江の島の自宅にて今年初めてのサーフィンを楽しんできました。

海水浴客が多いこの季節は、片瀬東浜での波乗りは17時からと決まっているのですが、この日は風があっていい波が立っていました。

海育ちの僕は、海水浴、ダイビング、船など、海遊びが大好きだったのですが、さすがにこの美容皮膚科の職に就いてからは、紫外線や近赤外線の影響を考えて炎天下では泳がなくなりましたので、夕方ぐらいからがちょうどいいのですよね。


●ボディのための医療機器 その③ BTL社 ヴァンキッシュ

今日はボディのための医療機器の二つ目の機器 チェコのBTL社、新しい非接触型RF痩身機器であるヴァンキッシュについてのお話です。

この機種は、

「組織の脂肪、皮膚、筋肉の導電率の違いと電気分極性の違いに注目し、RFを利用して組織選択性に脂肪組織のみを加熱する」

という新しいコンセプトを持った機器です。

30分間横になり、大きなアームを脂肪を減らしたい部位に載せるだけ。施術中痛みはありません。

まだ日本に上陸したばかりのデモ機を、医師としては日本で最初に実際に施術をしてもらいましたが、数分施術すると腹部の脂肪組織が過熱するのがわかります。

むしろ暑いぐらい。

しかしながら皮膚を触るとあまり熱を持たないのです。

RF(ジアテルミー)機器として、高周波の電波が人工的に発生できるようになって以来、主たる用途の電気通信の後を追うように医療にも利用されてきました。

その干渉を防ぐ目的で、1947年アトランティックおける国際会議で周波数や変動の許容値が下記のように制定されました。

13.56MHz (士0.05%)

27.12MHz (土0.6%)

40.68MHz (土0.05%)

2450MHz (土50 MHz)

工業,科学,医療で用いられる高周波のバンドを確定したのです。

ヴァンキッシュはこちらの27.12MHz 帯を利用しています。

〇この周波数は、脂肪組織のインピーダンスに対して最も適合するものです。

〇高いインピーダンスを持った組織は、電磁場に対してより高い抵抗を持ちます。

〇高い抵抗を持った組織は、周囲の組織に比較して、温度が上昇するので、脂肪組織のみを加温することが出来るのです。

さらに、照射野からの戻りエネルギーを測定し、持続的にエネルギーを調節することより的確な量のエネルギーを脂肪組織に配給することが出来ます。

基礎データもかなりきっちりととられています。

クリニックFに導入されてからしばらくたちますが、結果は良好です。

※※※

実は、こちらのBTL社。

2012年のチェコで開催された欧州皮膚科学会(EADV)の際に本社を訪れたことがあります。

学会会場でプラハの美容医療機器メーカーBTLのスタッフと待ち合わせ、

用意していただいた車に乗り込みます。

車はプラハ郊外の丘の上に。

こちらは高級住宅街なのだそうです。

そんな住宅街の一角に、BTL社がありました。

窓の外の借景を見ながら会議室に。

会社に入ると、すでに社長と会議に呼ばれた医師たちの間でディスカッションが始まっています。

中にはボルチモアのロバートワイス医師その他、米国の見知った医師たちの顔、そしていつもお世話になっている日医大皮膚科の尾見徳弥教授もいらっしゃいました。

最後に会社で記念写真を撮りました。

右端にいるのが、BTL社CEOのMarcel Besse。

※※※

また、2014年の3月にコロラド州デンバーで開催された、米国皮膚科学会でもMarcel と再会しました。

2014年4月の長崎の日本形成外科学会でのイブニングセミナー講演についてディスカッションの機会を得ました。

個人的にツボだったのは、彼のデスクトップが車の「ヴァンキッシュ」の写真であった事。

Marcelは

「これ、ボクの車なんだけどね」

とジョークを飛ばしながらプレゼンをスタートしたのが印象的でした。

それにしてもヴァンキッシュは美しい車ですよね。

僕も大好きです。


カテゴリー