TakahiroFujimoto.com

HOME MAIL
HOME PROFILE BOOKS MUSIC PAPERS CONFERENCES BLOG MAIL CLOSE

BLOG 藤本幸弘オフィシャルブログ

BLOG|ブログ

台湾皮膚科医学会 評判のTVドラマ「白い巨塔」

2005年5月29日、台湾の台中で行われた台湾皮膚科医学会で招待講演を行いました。

Cimg1109

2004年に台北の台日韓抗老化学会に呼ばれたので、これが二度目の台湾になります。

台中は台北から高速道路で三時間もかかるところでした。

台湾は山が多く、日本を走っているかのように錯覚しました。

今回の皮膚科学会は、台湾で年に二回行われているものだそうです。

Cimg1087

台湾中の皮膚科医師が集まります。
演者の紹介のポスター

Cimg1090

演者 医師 医学博士 藤本 幸弘

と英語で書いてあります。
招待講演会場は台中の大学の講義室でした。

このとき、唐沢寿明さん主演の白い巨塔がちょうど台湾でも放映されていたときで、大ブームだったようです。

お前は財前先生に似ているなと、何人もの人に言われました。

僕は医学生のときに初めて「白い巨塔」を読み、これから入る世界を垣間見た気がして、とても興味深く思いました。

結局10年間以上も象牙の塔にいましたが、実際は・・・??
実はちょうどこの時期、柴門ふみさんが大学病院を舞台にした新しい漫画を書きたいとおっしゃっていたので、何度も取材を受けました。

柴門さんは、ある雑誌の体験取材でクリニックにいらしていただいてからのお付き合いです。

話題が豊富で頭の切れる、とてもすばらしい女性です。

 

連載中、漫画を送っていただいていたので、毎週楽しみに読んでいました。

「小早川伸木の恋」が、一月から唐沢さんの主演でドラマ化されるそうで、とても楽しみです。

Cimg1094

5月といっても会場は空調が悪くて、暑く熱気もあり、スーツを着ていたため、30分の講演中に汗だくになりました。

Img_0018

2004年9月の台湾の皮膚科学会で一緒に招待講演を受けた、Serine医師のクリニックを表敬訪問しました。 台湾ではテレビによく登場する美人で、台湾で最も「売れている」と評判の有名な女医さんです。

Cimg1104

このときも財前ネタで盛り上がりました。

それにしても白い巨塔を書いた山崎豊子さんは素晴らしいストーリーテラーですよね。

仮想日本航空の話題を書いた「沈まぬ太陽」。

大河ドラマにもなった「二つの祖国」。どれも名著です。

でも、僕のお勧めは「不毛地帯」でしょうか。
不毛地帯は、大本営参謀から近畿商事に入社した、日本有数のエリートである主人公・壱岐正の生き様をつづった本です。

シベリア抑留時代の記述が凄まじく、終戦後すぐに平和になったような錯覚をしていた私に、知っておかなければならない日本の歴史を教えてくれました。

海軍将校だった僕の祖父は戦中に亡くなりましたが、むしろ幸せだったのかもしれません。

本の後半では企業参謀としての壱岐の言動に影響を受けました。

山崎豊子さんの本はどれも緻密な構成に基づいて、しかも主人公の複雑な感情を類稀なる表現力で表わしているところがとても好きです。

 


カテゴリー