TakahiroFujimoto.com

HOME MAIL
HOME PROFILE BOOKS MUSIC PAPERS CONFERENCES BLOG MAIL CLOSE

BLOG 藤本幸弘オフィシャルブログ

BLOG|ブログ

お気に入りの地球儀

地球儀を集めるのが僕の趣味の1つなのですが、今月買った面白い地球儀を、クリニックFの受付に置いています。

Photo

この地球儀、このように自転するのです。

凄くないですか?


米国美容医療専門誌のアドバイサリーボードに就任しました

アメリカの美容医療を専門とする医師の専門雑誌で、最も有名な「エステティック バイヤーズ ガイド(AESTHETIC BUYERS GUIDE)」という業界誌があります。

Esthetic

以前もこの雑誌にクリニックFが掲載されたブログをご紹介しましたよね。

この雑誌のアジアパシフィック版を来年春に発行することになったので、アドバイサリーボード(雑誌の製作顧問委員)に就任してもらいたいという依頼を編集部から受けました。

今回は、日本、韓国、中国、台湾、シンガポール、タイ、インド、フィリピン、オーストラリア、ニュージーランドの各国から医師が選任されたのだそうです。

今後出てくる新しい機器や、治療法(プロトコール)について、雑誌の中でも提案や評価をしてもらいたいとの依頼でした。

僕は、今までも幾つかの海外美容学会のアドバイサリーボードを引き受けたことがありますが、米国資本の雑誌は初めてです。

この「AESTHETIC BUYERS GUIDE」は、世界の美容医療機器を購入する医師たちのほとんどが参考にする雑誌。

しかも、今までよりももっと早く、世界で開発される最先端の医療機器情報が耳に入ってくることになります。

名誉なことですよね。

刊行が楽しみです。


フラクセル3DUALでフェイス・リフティング?

クリニックFでは、今までも様々なレーザー機器を使用してきました。

レーザーそれぞれにも特徴がありますから、「患者さんに人気の高い機種」、「僕が見ておもしろいと思う機種」、「思っていたほど人気を獲得できなかった機種」、「なぜか突然人気が高まった機種」・・・など、それぞれのキャラクターがあるのです。

そんな中、最近はちょうど導入して1年が経過した「フラクセル3DUAL」の顧客満足度が群を抜いて高く、僕自身ちょっとびっくりしています。

Fraxel3_dual

フラクセル3DUALは、レーザー治療器の中でも最も高額な部類に入る機械ですが、それでも国内を見渡すと日本にもすでに10台ほど導入されたと聞いています。

このブログで何度も書いていますが、レーザー治療に期待される役割はこの10年で劇的に変化してきました。

10年前のレーザー治療院というのは、

●赤、青、茶・・・といった痣やシミを治療して、かさぶたを作って取る

●ホクロなど隆起したものを、電気メスのように削り取る

●脱毛

といった治療を期待される患者さんが、保険証片手にやってくるような場所でした。

「皮膚疾患を治療する病院」的意味合いが強かったのですよね。

そのため、治療が済めばクリニックに来ることももうない、と考える患者さんが多かったのです。

ところがこの10年の間に、レーザークリニックは 「病院」=病気を治すために来る場所 ではなく、ウェルネスやQOL(クオリティ・オブ・ライフ)追求のためにやってくるスパやジム的な要素も求められる場所へと変化していきました。

シミや、ニキビ痕、毛穴といった、肌の治療を目的とする方以外に

肌つやを良くし、ハリを保つために、レーザー/光治療器を使用して、肌を若々しく保ち、メンテナンスするために、レーザー治療を定期的に受けられる方が出てきたのです。

治療の内容は、顔の肌全体に対して深さの順に

① リサーフェシング(表皮角質層 肌の表面を入れ替える)

② ホワイトニング(表皮基底層 ブライトニング、色を白くして透明感を増す)

③ タイトニング(真皮層 肌の実質のコラーゲンやエラスチンを増やし、ハリを持たせる)

④ リフティング(皮下脂肪層 肌のリフトアップを行う)

となり、患者さんの希望と、医師の所見によって、どの治療器を選択するかを決めます。

僕も40代を迎えて、定期的にレーザーを照射するようにしているのですが、自分のペースだと、2ヶ月~3ヶ月に一度ずつ顔にレーザーを照射すれば、皮膚の中身が密度的にも充実し、とても肌のつやが良い、良い肌が維持できるような気がします。

この頻度ですと、年間4~6回の治療ですので、地方や海外在住の方も東京に通える範囲内ですよね。

肌のメンテナンスをするときに使用するレーザー・光治療のコツは幾つかの波長を組み合わせて使用するということです。

クリニックFでのメンテナンスレーザーの一番人気は、シネロン社の「トリニティ」です。

トリニティはアジアンスキンに対しての、ホワイトニングとタイトニングの効果が秀逸ですので、選択する方の満足度も高かったのですが、最近それを追従する勢いなのが上記のフラクセル3DUALなのです。

フラクセル3DUALは、フラクセル2の“完全上位機種”です。

つまり1550nmの波長を使用するフラクセル2の施術をすべて行うことができます。

さらに新規に導入された1927nmツリウムファイバーの波長を、フラクセル2の波長に組み合わせて使用できます。

ニキビ跡や毛穴がみるみる変化してゆくのも驚きますが、最近は

「肝斑が薄くなった」

「顔がリフティングされた」

といった患者さんからの報告も受けるようになりました。

肌を断続的に入れ替えることによって肝斑の薄くなる機序は良く理解できるのですが、「リフティング」はちょっと不思議ですよね。

でも、そうした患者さんの初診時の写真を見比べると、明らかにリフティングの変化がわかる場合があります。

特に色が白くて表皮が薄く、肌の実質が減っているのではないかと思われる患者さんが、この施術をした場合、しっかりとしたリフティングの効果が見られます。

肌実質がしっかりと作りなおされるということなんでしょう。

いずれにせよ。本年日本でデビューした最新レーザー機器。試してみる価値はあると思いますよ。


出産後の肝斑治療

妊娠線治療についてのお問い合わせと同じくらい最近また多いのが、出産後の肝斑治療についての御質問です。

最近のベビーブーム?を反映しているのでしょうか?

妊娠中に出現したり、妊娠前にもあったものが妊娠中から産後にかけて濃くなったりする肝斑。

女性ホルモンが深く関与しているだけに、こうしたことが起きるわけですが

では、産後いつから肝斑治療を始めるべきか? と聞かれれば

「まずは、大仕事である出産を終え、産後身体が回復するのを待ち、その上で一日も早くどういった状態に今あるのか、見せに来て欲しい」

というふうに僕の方ではお答えしています。

産後2~3ヶ月から治療を始めたほうがよりよい結果を得られる肝斑もあれば、半年か1年待ってから治療を始めたほうがいい肝斑もあります。

そして、こればかりは素人判断は禁物です。

初めての出産を終えられた方は、出産後母体は回復しても慣れない育児で大変。子どもを預けられるところもないし・・・と、いうこともあると思います。

クリニックFでは、時間帯やスタッフの状況にもよりますが、赤ちゃん連れでいらしていただくことも可能ですので、そのあたりはざっくばらんに御相談くださいね。


新しいカシオとショートケーキ

また、カメラを買ってしまいました・・・。

カシオEX-FH100 ハイスピード撮影が秀逸です。

Canon

差し入れで頂いた千疋屋のショートケーキで一息入れたら、ちょっといろいろ撮影してみます(笑)。

そうそう、御質問でいくつか「妊娠線の改善に効くレーザー」についてメールやお電話を頂いています。

フラクセル3DUALは、選択枝のひとつとして十分威力を発揮しますが、ただ状態によって最適なレーザーが多少異なります。いくつかの理由で、他のレーザーの方が良い場合もあるのです。

最終的な判断は、診療時に行う事になりますので、御了承下さい。


カテゴリー