TakahiroFujimoto.com

HOME MAIL
HOME PROFILE BOOKS MUSIC PAPERS CONFERENCES BLOG MAIL CLOSE

BLOG 藤本幸弘オフィシャルブログ

BLOG|ブログ

CLEO:2011 ボルチモア23 シカゴからの帰国

ニューヨーク~ボルチモア~シカゴと移動して来た今回の出張でしたが、いよいよ帰国となります。

055

前日に本屋で大量に買った音楽の本や画集。

お店の人には「もしかし音楽の先生ですか? でしたら“教師割引”が効きますよ。」

と言われてしまいました。

音楽の先生になれるのなら、一度なってみたいものです(笑)。

624

朝刊は、地元が誇るMBAの名門 シカゴブルズの話。そういえば、今回の出張記はナンバリングしてますが、このブログで23。懐かしいマイケル・ジョーダンの背番号ですね。

スポーツの試合を見るチャンスはなかなかないのですが、NBAは一度試合を現地で見る機会があったらいいな、と思うスポーツのひとつです。

299

シカゴのウォータータワーを横目に帰ります。シカゴに高層ビルがなかったころは、このビルが最も高いものだったのだそうです。

622

帰国便は成田まで直行。アメリカンエアライン。

623

ラウンジにはすでに見慣れたこのような看板もたっていました。

625

空港にもブルズのT-シャツやパーカがたくさん売っていました。

さて、帰国から時間が経ってしまいましたが、これでボルチモアで開催された工学系レーザー学会CLEOの演題発表と、打ち合わせで立ち寄ったシカゴの国際学会周遊記を終わります。

次は、軽く香港出張記をご報告した後、6月に訪れる予定のイタリア出張記へと続く予定です。


CLEO:2011 ボルチモア22 Chicago Andy’s Jazz

夜の11時にシカゴの夜景を見た後、この日がシカゴ最後の夜でしたので、そのままジャズバーに向かいました。

前日にブルースを見たので、今度はジャズにしようと思って、ホテルのコンシェルジュにお勧めのお店をいくつか聞いておいたのです。

ここもちょっと地域的には怖い場所だったのですが…。

614

中は大盛り上がりでした。

603

ようやく空いたバーのカウンターで、一人で飲みながら音楽を聴いていると、毎週このバーに来ているという隣の黒人男性が声をかけてきました。

日本から来たと言ったらビールを一本おごってくれました。

610

612

609

真夜中まですごい盛り上がりでした。

あとで聞いてみると地元ではかなり有名なお店だったらしいです。


CLEO:2011 ボルチモア21 世界で最も美しいシカゴの夜景

さて、今日も四谷で診療をしている僕ですが、今月も今日でおしまい。今日中に、GW期間からまるで宿題に追われているかのように続いている(笑)アメリカ出張記を仕上げてしまいたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シカゴの夜景は、世界で最も美しい夜景のひとつだと言われているそうです。

578

430

もちろん夜の街歩きも楽しいのですが、やはり「高いところ好き」な僕としては、高層ビルから見降ろしてみたい。

シカゴ市内北部にある1969年に建てられた100階建ての超高層ビルであるジョン・ハンコック・センターの展望台の最終受付は10時半。

ちょうどその時刻は、ミュージカルを見終わってからすぐに移動して間に合うかどうか、ぎりぎりのタイミングです。

300

昼間に観るとこんな建物なのです。

019

左手の背の高い黒い建物ですが、

566

このシカゴの北から街を見た立体模型を見るとわかるでしょうか? このハンコックセンターは、シカゴのビル群の中でも最も北部にあり、シカゴのビルを見渡せる立地なのです。

ミュージカルを見た後に急いで移動してみたところ、入館規制の数分前に到着することができました。

エレベーターを昇って閉館まで15分間でしたが…。

581

この夜景、聞きしに勝る美しさ。

589

思わず息をのみました。

593

596

15分だけでも見ることができて良かったです。これを観ずにシカゴを離れたら後悔しただろうなと思いましたよ。


シネロン社副社長James Bartholomeuszの訪問

今日はシネロン/キャンデラ社の副社長で、製品開発部門を統括する James BartholomeuszがクリニックFにやってきました。

008

去年のeMATRIX最終アップグレード時にも来てくれましたので、約10か月ぶりの再会という事になります。今回は今週ソウルで行われた世界皮膚科学会WDCの帰りなのだそうです。

シネロン社の新製品開発に関して、いろいろ情報を聞くことができました。世間話をしたのち、アブレイティブRFのePRIMEと新CO2フラクショナルレーザーのCO2REの説明をしてゆきましたよ。ePRIMEの開発には3年。CO2REに至っては6年も情熱を注いで研究してきたといっていました。

現在はeMatrixとePrimeの併用療法を進めているといっていましたので、クリニックFでも併用療法を考えてみようかと思います。


シネロン/キャンデラ社 副社長James Bartholomeusz

今日はシネロン/キャンデラ社の副社長で、製品開発部門を統括する James BartholomeuszがクリニックFにやってきました。

0530イスラエル シネロン・キャンデラ社の副社長Mr.James Bartholomeuszと

去年のeMATRIX最終アップグレード時にも来てくれましたので、約10か月ぶりの再会という事になります。今回は今週ソウルで行われた世界皮膚科学会WDCの帰りなのだそうです。

シネロン社の新製品開発に関して、いろいろ情報を聞くことができました。世間話をしたのち、アブレイティブRFのePRIMEと新CO2フラクショナルレーザーのCO2REの説明をしてゆきましたよ。


カテゴリー