TakahiroFujimoto.com

HOME MAIL
HOME PROFILE BOOKS MUSIC PAPERS CONFERENCES BLOG MAIL CLOSE

BLOG 藤本幸弘オフィシャルブログ

カテゴリー:音楽・オペラ・バレエ・ミュージカル

1年前 「音楽は名医」を開催しました

1年前 誕生日のその日に「音楽は名医」を開催しました。

コロナ問題で様々な逆風の吹く中、医師として安全な公演を遂行する提案も必要だろうと、できる限りのことを行いました。

クリニックスタッフが5時間かけて楽屋を含むホール全体の手が触る場所の消毒もしてくれました。

https://takahirofujimoto.com/blog/blog/medical-healthcare/%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%8a%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%82%b9/post_27056/

第一部は、元宝塚トップスター和央ようかさんとのトーク。

舞台裏で、和央さんと写真を撮りました。

本当に頭の切れる方で、素晴らしいトークをいただきました!

https://takahirofujimoto.com/blog/blog/diary/post_27067/

第二部は、今や世界的なピアニスト藤田真央くんによる「ラフマニノフピアノ協奏曲第二番」でした。

https://takahirofujimoto.com/blog/blog/diary/post_27048/

皆様にいただいたお花。

https://takahirofujimoto.com/blog/blog/diary/post_27063/


1年前 オペラシティホールの下見

1年前、オペラシティホールの下見に行ってました。

https://takahirofujimoto.com/blog/blog/diary/post_27018/

ちょうど一年前でした。

ライブハウスは問題になりましたが、静かに聴くクラシックや観劇のコンサートホールでの感染はいまだに報告ないですよね。

昨年と変わったのは、新型コロナウイルスはほぼ飛沫で感染し、手指での感染はあまりないということが分かったということ。

元々手指はウイルス感染に強い構造ですから、口に持っていかなければ問題ないわけです。

あ、これも去年同じこと言いましたね。


1年前のちょうど今頃

ちょうど昨年の今頃。

オーケストラの指揮をしてみたいという子供の頃からの夢を実現するため、一年半も準備と練習を重ねてきましたが、安倍晋三首相のコロナ緊急事態発言。

本当に多くのストレスと過緊張に囲まれていました。

全能力で観客が安全な演奏会について考え、実行できる事を探し基準を作りましたが、一年後の現在の観劇スタイルとほぼ同じですね。

そして考えていた通り、クラシックコンサートでの新型コロナ感染は未だに報告はこの一年で無いですね。

https://takahirofujimoto.com/blog/blog/diary/post_27007/

https://takahirofujimoto.com/blog/blog/diary/post_27010/


リストの愛の夢第3番変イ長調

クリニックFに出勤。

寒かったので指を動かそうと、昔弾いてた曲を記憶を頼りに弾いてみました。

リストの愛の夢第3番変イ長調。

最後までカッコ良く弾きこなすのが夢でしたが、僕には出来ませんでしたね。笑。

変イ長調はヴァイオリンの音階に開放弦が一つしか含まれないので、倍音が響きにくくなるため、弦を使う曲には適さないのだそうです。

確かに交響曲ではエルガーの交響曲第一番ぐらいしか思いつかないですね。

反対にピアノ曲では黒鍵を使いやすいので多いのです。

ショパンのバラード第3番や、ベートーヴェンピアノソナタ第8番悲愴のハ短調の緩徐部などで使われています。

https://www.facebook.com/takahiro.fujimoto/videos/10225809301167663


カテゴリー