TakahiroFujimoto.com

HOME MAIL
HOME PROFILE BOOKS MUSIC PAPERS CONFERENCES BLOG MAIL CLOSE

BLOG 藤本幸弘オフィシャルブログ

BLOG|ブログ

フィラデルフィア 米国形成外科学会

2004年10月に米国形成外科学会に出席してきました。

Cimg0444

Cimg0374

INAMEDが年に一度主催するACADEMYでヒアルロン酸とヒューマンコラーゲンを中心としたFILLER(皮膚への注入物)の使用法について講義があったのです。
講師はフロリダ大学皮膚科学のレスリー・バーマンMDで、ヒアルロン酸を使用してあごをつくるとか、鼻筋を通すとか、唇を厚くしてセクシーにする方法などが講習の主な内容でした。

Cimg0425

今回私はヒューマンコラーゲンを使用して、目の下のたるみを取る施術を習いました。

今後強力な武器になりそうです。

二人で写真を撮ったのですが、残念ながら僕が目をつぶっていたので掲載は次回にしたいと思います。
日本ではヒアルロン酸というと,スウェーデンのQmedの製品であるレスチレンやパーレインが有名ですが、アメリカではINAMEDのハイラフォームが主流です。

でも、実は近年QmedはINAMEDに買収されてしまったので、今後は日本でもどうなるか分かりません。

INAMEDの展示ブースで

Cimg0448_2

米国形成外科学会の展示場

Cimg0446

フィラデルフィアはあのメイフラワー号が辿り着いた土地です。アメリカ建国の地として知られており、ニューヨークから車で2時間ほどいったところにあります。ペンシルバニアという州にあって、全米5位のビジネス街でもあります。

Cimg0379

アメリカの中では歴史に深く、落ち着いた街並みと、古い建物が目立ちます。奥の建物は独立記念館。1776年に独立宣言が採択された場所です。フィラデルフィアと言えば、フィラデルフィア管弦楽団を思い出します。オーマンディ指揮のバルトーク作曲管弦楽のための協奏曲や、ムーティ指揮のレスピーギ交響詩「ローマ3部作」なんて名盤でした。

学会の昼休みに地元のバーで 地ビールを片手に

Cimg0392

アメリカは意外と地ビールを作っている工場が多いのです。このビールは名前を忘れましたがうまかった。

Cimg0432

フィラデルフィア美術館です。

Cimg0400

皆さん見覚えはありませんか?

Cimg0404

そう、この美術館は映画「ロッキー」の舞台として登場しているのです。

Cimg0406

遠くに見える街並がフィラデルフィアです。
ロッキーがジョギングをしながら、階段を上っていき,最後に両手を上げるシーンを思い出しますよね。
そう、あのシーンこそ、フィラデルフィア美術館なのです。

Cimg0403

足元にはロッキーの足型がありました。数年前までここにシルベスタ=スタローンの銅像が建っていたそうですが、評判が悪くて撤去されてしまったようです。

 


台日韓抗老化学会

台湾で行われた台日韓抗老化学会に参加してきました。台湾は初めての滞在です。台湾から一人、日本から一人、韓国から一人の医師が招かれて台北のホテルで講演をしたのです。

講演は地元のテレビ局が何局も入り、物々しい音楽から幕開け、台湾パワーに終始圧倒されていました。私はレーザーの総論とレーザーピーリングの話を担当しました。
講演のあとは、レーザーピーリングのデモンストレーションを行いました。マスクとゴーグルをつけてしまうとまるで月光仮面みたいですね。

テレビカメラが何台も並ぶ中、台湾なまりの英語で矢継ぎ早に質問が来ます。聞き取りにくくて困りました。

私の右隣が今回の学会主催者 Paul氏です。

「鼎泰豊(ディンタイフォン)」の台湾本店で マックス社ヘイリャン社長とHong医師とともに
30年以上の歴史を持つこのお店は、米紙ニューヨーク・タイムズに「世界10大レストラン」の1つとして掲載された世界的に有名な点心料理専門店です。

 


2004年ダラス米国レーザー医学会(ASLMS)での発表

米国は、ダラスで開催された米国レーザー医学会ASLMS
(American Society for Laser Medicine and Surgery)で発表をしてきました。

マックスピールという、毛穴の治療を行うQスイッチ+ノーマルパルスヤグレーザーを使用したレーザーピーリングの発表を頼まれたのです。
マックスエンジニアリング社の交通費およびホテル滞在費のスポンサードが付きました。

会場内はこんな感じです。
今年のトピックはなんといっても、フラクショナルレーザーという、肌に剣山状にレーザーを照射して、肌を入れ替える(リサーフェシング)という新技術。
学会会場はこんなところです。
ダラスのヒルトンでした。

特徴的な建物。

東海大学助教授の宮坂先生に会場でお会いしました。

会場内で、フォトフェイシャルを開発した物理学者であるシモン・エックハウスに会いました。

この米国レーザー学会では、MD(医師)以外の学者が多く集まるので学ぶことが多いのです。

この学会に招待してくれたマックスエンジニアリング社のヘイリャン社長と。

二人ともお酒が入っていて、満面の笑みですね。
夜にはサーマクールを販売しているサーメージ社協賛の招待講演が行われました。

アトラクションに参加しながら公演を待ちます。

待ち時間にはロデオに挑戦しました。

壇上にいるのはサーマクールの開発に関わったロバート・ワイス医師ですが、

2005年8月の第6回トータルアンチエイジングセミナーの打ち合わせで、日本でも再会しました。

ホテルはダラスのウェスティンに泊まりました。

綺麗なホテルでした。

 


カテゴリー