TakahiroFujimoto.com

HOME MAIL
HOME PROFILE BOOKS MUSIC PAPERS CONFERENCES BLOG MAIL CLOSE

BLOG 藤本幸弘オフィシャルブログ

カテゴリー:ドラッグデリバリー

ディフェンシブ サプリメント

今日はクリニックFの診療日です。

明日からのお盆休みを控えて、クリニックは大忙しです。

19日から外来再開いたします。

サプリ_1

先だってより作成していた身体を守るディフェンシブ サプリメントが完成しました。

1日に必要な12種類のビタミン。

特筆すべきは2000mgの桁外れのビタミンC配合。

女性に必要な亜鉛やヘム鉄、ピクノジェノール。痩身効果のあるαリポ酸などを配合したもので、レシピは薬学博士でもある僕が作りました。

サプリ_2

身体の中の細胞の酸化が老化であり、核酸(DNA RNA)の酸化が癌化であると言えますが、これらの活性酸素の初動であるスーパーオキシドを破壊する酵素(SOD)は35歳をピークに低減してしまいます。

これが癌化や老化、更には疲れの元となるのです。

ドラッグデリバリーの血中濃度逓減率を考えると理論的には一回3錠を飲めば、それから3-4時間の間、身体の酸化が抑えられます。

お菓子の様に1日5回ぐらいに分けて飲んで頂けると理想的ですね。

一袋150錠で9800円外税です。


英文雑誌からの原稿依頼

フラクショナルレーザー機器を物理的なデバイスに、リポソームを化学的な器質に利用してドラッグデリバリーを行うという、僕の論文が注目を浴びているようで、今日も2社の英文雑誌からの次期論文の原稿依頼が来ました。

1つは痛みと麻酔についての国際誌、もう一つは薬剤導入傷害や代謝傷害による酸化ストレス障害についての専門誌です。

過去、薬学とレーザーがリンクした論文があまりなく、そういった意味でも注目されているのは嬉しい限りですね。

明日は京都の製薬企業での招待講演を頼まれており、朝から京都に向かう予定です。

台風で飛行機が飛ぶかなあ?

38749130_10217383077357334_7986216748875513856_o

 

Dear Dr. Takahiro Fujimoto,

Warm Greetings from Scientia Ricerca!

Hope you are doing well!

We would like to write on behalf of Anaesthesia, Critical Care and Pain Management (ISSN: 2579-0188) journal based on your expertise and professionalism in the field of Anaesthesia.

We are honored to appreciate your excellence in the arena of Anaesthesia, especially your article entitled “Transcutaneous drug delivery by liposomes using fractional laser technology” is very interesting and quality articles like yours will definitely propel current research in the discipline of Anaesthesia.

We are delighted to welcome your precious article (Research/ Review/ Mini-Review/ Case Report/ Short Communication etc.) towards the upcoming issue of Anaesthesia, Critical Care and Pain Management (ACPM) Journal.

Please have a glance at the below link to view the latest articles

********************************

Dear Dr. Fujimoto,

We are currently accepting submissions for our upcoming Special Issue titled “Modulating Oxidative Stress in Drug-Induced Injury and Metabolic Disorders: The Role of Natural and Synthetic Antioxidants,” which will be published in Oxidative Medicine and Cellular Longevity in March 2019. The Special Issue is open to both original research articles and review articles, and the deadline for submission is October 19, 2018. You can find the Call for Papers at https://www.hindawi.com/journals/omcl/si/151845/cfp/.

The most recent Impact Factor for Oxidative Medicine and Cellular Longevity is 4.936 according to Clarivate Analytics’ latest Journal Citation Reports. The journal’s most recent CiteScore is 4.64 according to the latest CiteScore metrics released by Scopus. The journal is a peer-reviewed, open-access publication, which means that all published articles are made freely available online at https://www.hindawi.com/journals/omcl/ without a subscription and authors retain the copyright of their work. Moreover, all published articles will be made available on PubMed Central and indexed in PubMed at the time of publication.

Please read over the journal’s author guidelines at https://www.hindawi.com/journals/omcl/guidelines/ for more information on the journal’s policies and the submission process. Manuscripts should be submitted online to the Special Issue at https://mts.hindawi.com/submit/journals/omcl/moosdi/.

Please do not hesitate to contact me if you have any questions.

Best regards,

Amany Saad


口演無事に終わりました。

2018年ASLMS米国レーザー医学会。

フラクショナルレーザーアシストによるドラッグデリバリーの口演無事に終わりました。

12345

e-poster で出した演題の中で、数名が選ばれて口演するという発表枠。

座長のエミル・タンゲッティ医師は、短い時間に要領よくプレゼンを話し切るトレーニングだと思って欲しい、と。

今年初めてこういう形式が出来ましたのでちょっと躊躇しましたが、なんとかやり終えました。

英語の口演は慣れてるのでうまく話は伝えられているとは思いますが、早口で話すと、どうしても日本人っぽい発音になってしまいます。

今後の課題だなあ。

でも日本で生まれ育ったのだから仕方ないですよね。


Abstract has been accepted – ASLMS Annual Conference 2018 in Dallas

2018年ダラスで開催される米国レーザー医学会(ASLMS: American Society for Laser Medicine and Surgery)の演題、無事に通過し、来年の発表枠を確保しました。

思えば本当に稚拙な英語で2004年に初めてレーザーの演題をこの国際学会に提出してから16年。

当時日本の教科書は全く役にたたず、国際学会に演題を提出し続けることが、臨床医としての実力に繋がると信じて、すでに25演題の発表をしてきました。

もちろん努力もありましたが、この学会に継続して参加したおかげで、英語力も格段に上がったなあ。
2018年からは「レーザーの医学会」という言葉が学会表題から消え、「エネルギーベース機器の医学会」と表記が変わりました。

 

確かにレーザー機器ばかりではなく、光治療機器、LED、RF機器、HIFU 、超音波機器、クライオなどを扱う学会になりましたので、これも時代の流れですね。

aslms
Congratulations! We are pleased to inform you that your abstract has been accepted to the ASLMS 2018 Annual Conference for ePoster (Electronic Poster) Display.
Abstract Title: FRACTIONAL LASER-ASSISTED PERCUTANEOUS DRUG DELIVERY VIA TEMPERATURE-RESPONSIVE LIPOSOMES
Author Name – Type/Order: Takahiro Fujimoto – Presenting Author / 1
Author Affiliation: Clinic-F, Toyko, , Japan
Category Submitted to: Basic Science & Translational Research
Category Accepted to: ePoster

 


海外の医学ジャーナルから原稿依頼

今日も夜の会食の打合せを終え、今しがた帰宅しました。

メールをチェックすると、海外の医学ジャーナルから原稿依頼のメールがきていました。

レーザーアシストの経皮ドラッグデリバリーについてです。

「We found your article very innovative, insightful & interesting. あなたの論文は非常に革新的で、洞察力があり、面白いと感じました。」という下りに、ホロっときてしまいました。笑。

研究者は孤独ですが、苦労した自分の研究が認められることほど嬉しい事はないですね。

スルーする事も多いのですが、このジャーナルの編集者には返事をしようかな。

学会

Dear Dr. Takahiro Fujimoto,
Greetings form Symbiosis Group!
ISSN Online: 2376-4570
We had a glimpse at your published article “Transcutaneous drug delivery by liposomes using fractional laser technology”
We found your article very innovative, insightful & interesting; we really value your outstanding input towards Systematic Community. The time and attention you devoted to presenting a realistic and practical article is really appreciated.
With the theme of ‘Serving Scientific Community for a better mankind’, SOJ Surgery is publishing articles dealing with all aspects of explore in surgery.
Being impressed by your quality work, we are contacting you to know if you can associate with us by submitting your upcoming research.
SOJ Surgery requests you, to submit your unpublished manuscript like Research/Review/Case Reports/Opinion/Short Communications/Letter to Editor/Mini Reviews.
Please submit your manuscript based upon your Research work in surgery for publication to surgery@symbiosisonline.org or to https://symbiosisonlinepublishing.com/submitManuscript.php
SOJ Surgery has planning to release its upcoming issue, Volume 4 Issue 3 and requests you, to provide your manuscript for our upcoming issue and request you to provide your manuscript on or before December 15, 2017.
Thank you for your valuable time! Kindly revert to us for your queries.


カテゴリー