TakahiroFujimoto.com

HOME MAIL
HOME PROFILE BOOKS MUSIC PAPERS CONFERENCES BLOG MAIL CLOSE

BLOG 藤本幸弘オフィシャルブログ

BLOG|ブログ

奥歯がかけました 小澤征爾 ライフ・フォー・ミュージック ドイツ・グラモフォン&フィリップス

おはようございます。

今日は5月31日。クリニックFの診療日です。

京都では日本皮膚科学会総会が開かれていますので、京都に行かれている先生方も多いようですよ。

良い季節ですよね。

昨日歯に違和感を感じて、友人の歯科医師に診てもらったところ、奥歯が欠けていました(泣)。

実は僕は人生で虫歯になったことがなく、親知らずを抜いたときぐらいしか歯医者さんのお世話になったことがないのです。

昨日は人生二度目のドリル治療。結局、神経まで露出しまっていたので根管治療が必要なのだとか。何回か通わないと。とほほ。

「藤本先生、ここ数週で奥歯をかみしめた経験はありませんでしたか?」

と聞かれましたが、思い当たるのはイタリアでのサーキットですよね。

まあ、武勇伝の一つということなのでしょうか。

頑張ってしばらく治療に通おうと思います。

※※※

さて、僕が手に持っているのは、今日届いた指揮者小澤征爾さんの「ライフ・フォー・ミュージック」。

こちらはドイツ・グラモフォン&フィリップス・レコーディングスの二つの総決算です。

これはお宝ですね。

https://www.amazon.co.jp/%E5%B0%8F%E6%BE%A4-%E5%BE%81%E7%88%BE-%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%82%AF~%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A2%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3-%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B9/dp/B00J498T74/ref=as_sl_pc_tf_mfw?&linkCode=wey&tag=antiagingdoct-22

イタリア~セルビアブログは来週再スタートしますね。

こちらはボローニャの街角の写真。

この季節の欧州は、どこもバラが沢山。

フォトジェニックで、カメラを向けるのが楽しかったですよ。

 


六本木ステーキハマ

おはようございます。

今日は5月30日金曜日。クリニックFの診療日です。

昨日の休診日は城本クリニック銀座院院長の酒井直彦先生たちと、7ヵ月ぶりに自分のクラブを使ってのゴルフを楽しみました。

気持ちの良い一日でしたので、とてもリフレッシュできました。

その後は、薬学部でのナノ粒子担体についての講義を受けてきました。

その前日は、診療後に会食がありました。

「財界」という雑誌の取材で、六本木の「ステーキハマ」にてアンチエイジング関東美容医師会の4人が集まりました。

アンチエイジング界の大先輩である、横浜クリニックの青木晃先生

東京皮膚科・形成外科(Ginza Ikeda)クリニックの池田欣生先生

あきこクリニックの田中亜希子先生

と共に。

青木先生が美容内科。

池田先生と田中先生が美容外科。

僕が美容レーザー皮膚科。

なので、タッグを組めばいろいろ出来そうですよね。

ちょうど亜希子先生の誕生日のお祝いも兼ねた会になりました。

鉄板焼きはいいですね。大好きです。

様々なトピックが話題に上り、とても楽しく勉強にもなりました。

さて、今日も予定はぎっしりですが、最後の患者さんまで集中して治療に臨んでいきたいと思います。

今日も一日よろしくお願い致します。


点滴打ちました。診療再開しています。

おはようございます。今日は5月27日火曜日。クリニックFの診療日です。

昨日はクリニックFの7周年記念日でした。記念日の朝に欧州出張より帰国しました。

今日から8年目に突入です。引き続きよろしくお願いいたします。

今回の出張は、航空券の発行の問題で帰国便が、セルビア→ウィーン→ボローニャ→フランクフルト→関西空港→成田・・・という、少々タフな工程となってしまいました。

そのため、今日は朝からビタミン類の点滴を打ちましたよ。

雑誌の取材も入ってますので、これでなんとか乗り切っていきたいと思います。

また時間が空いたところで出張のブログも更新していきますね。

次回は来週6月4日に香港へ一泊弾丸出張に出る予定です。

それまでは通常通り診療を行っていますので、お急ぎの方はご連絡くださいね。


●2014年5月 11th EADV Symposium in Belgrade,Servia⑨ 学会会場にて Lamborghini Miura 帰国

セルビアはベオグラードで開催された第11回EADV春のシンポジウム。

無事にレジストレーションが終わり名札を手にしました。

今年のEADVの鞄です。

そしてファイナルプログラム。

参加証明書。

学会会場はずいぶん古い建物だという印象です。

中はちょっと暗いですね。

すっかり仕事仕様の顔つきになりました。

こちらは展示会場ですが、展示はまばらですね。

セルビアという土地が、参加しにくかったと先生がたは言っていました。

今回の学会でもいくつもの情報と出会いを得ました。

帰国後精査してからブログにアップしていこうと思います。

学会の合間に立ち寄ったベオグラードで最も大きな教会です。

すべての予定終了後、急いで空港に向かいます。

今回もまたウィーンでトランジットした後、ボローニャで一泊。

そこからフランクフルトを経て東京です。

ルビアからの帰り道。

再びウィーンで4時間のトランジット中にすごいスコールで全ての機体が飛べなくなりました。

街に出るのは諦めて、文章を書きながら待つことに。

再び帰ってきたボローニャ空港。

ボローニャ空港近郊はランボルギーニー社の社屋があるのですが、空港ではこの二台のV12気筒の新旧ランボルギーニーが出迎えてくれます。

僕の生年のミウラは、いつか手に入れたい憧れの車のひとつです。

さて、日本時間では25日日曜日の午後でしょうか。

今からフランクフルトに向かい、東京を目指します。

月曜早朝空港から直行で診療に入る予定です。


●2014年5月 11th EADV Symposium in Belgrade,Servia⑧ 初めてのセルビア ドナウ川を眺めながら

ウィーンでトランジットののち、セルビアに無事入ることができました。

初めてのベオグラードです。

Dr. Bojana i igoriとDr.Branko Trklja MFH。手術見学の後のショット

彼らはセルビア人の中でもとても大柄で、俺たちはまるで君のボディーガードみたいだな、なんてジョークを言って笑いました。

Dr. Bojana i igoriのクリニック見学後、彼の友達のDr.Branko Trklja MFH、Patrick Blayaが合流。

ドナウ川の畔で会食となりました。

宗教問題やユーゴスラビア問題について語り合いましたよ。

日本の宗教観についてずいぶん聞かれたので、日本人は無宗教だ言われるけれど信仰や生活習慣は、神道、仏教、禅に大きく3つに分かれ、それぞれの影響を受けているなんて話もしました。

海外に行くと必ず政治や宗教観の話になりますから、それについてどう答えるか自分なりの意見をきちんと話す必要性をいつも感じます。

アジア人がほとんどいない国なので僕の話は興味深かったようです。皆とてもインテリジェントで、僕も良い刺激を受けています。


カテゴリー