TakahiroFujimoto.com

HOME MAIL
HOME PROFILE BOOKS MUSIC PAPERS CONFERENCES BLOG MAIL CLOSE

BLOG 藤本幸弘オフィシャルブログ

カテゴリー:栄養・健康・サプリメント

僕の栄養学の著書 ディフェンシブ栄養学

食事は一日三食がやはりいいのでしょうか?

そんな質問がありましたので少し考えてみました。

栄養が病気や老化を予防するのは自明の理ですが、すべての人にとって、完璧な案はなかなか提示できません。

持って生まれた遺伝子や、生活習慣、腸内細菌叢などなどの影響により、人によって必要要素は大きく異なるからです。

ただし、年齢によっては大きく4つにカテゴライズできると思います。

1)18歳(成長期)までは、必要な「栄養素」を満遍なく取ることが必要。

一日三食食べないと、それらの栄養素を得ることができない。

1日30品目が目標です。

2)18歳から35歳(青年期)基本的に抗酸化能力が高く、何をしても大丈夫。

無理をしても翌日には体調が戻せる元気な時期。

運動量以上に食事を摂ることの「高カロリー」に気を付ければよいのではないでしょうか。

3)35歳から65歳(壮年期)体内SOD活性値が低下して、自力で活性酸素が除去できない状況。

反対に食事量によりカロリーは多くとりがちなので、食事を二食または一食に減らし、必要な栄養素をサプリメントなどで補充し、「抗酸化」する事に意味がある世代。

4)65歳以上(老年期)エネルギー代謝効率が落ちるため「低体温」になりがち。

健康のため、さらにガン細胞の増殖などを予防するため、体温を高めに維持する必要があります。

一回の食事を少なめに、ただし体を温める食事を、三食取るべき。

まあそんな感じじゃないでしょうか。

成長期は「栄養素」

青年期は「カロリーコントロール」

壮年期は「抗酸化」

老年期は「低体温対策」

この点に気を付けて食事をするべきだと思いますよ。

年齢別に4種類の栄養学を考えなければなりませんね。

僕の栄養学の著書、ディフェンシブ栄養学ですが、版元の学研で品切れになってしまい、新書が必要な場合はクリニックFにご連絡くださいね。

まだ在庫がありますので。


クリニックFで販売中のサプリメント

9月後半になって一気に気温が下がってきましたね。

やはりこの季節の肌のケアとしては、夏の期間に紫外線により発生した、一重項酸素をなるべく早く除去することが一つのポイントになります。

クリニックでレーザー治療ができる人であれば好いのですが、なかなかいらっしゃれない人のために、クリニックFではいくつかサプリメントを販売しています。

その中でも、薬学博士でもある僕が、作成にかかわってレシピを書いたものが三つあります。

1 まずは左の白い箱 ヌーボー 飲む日焼け止めです。

フランス語の新しいという意味「ヌーボー」。

ボジョレーヌーボーという言葉は有名ですよね。

このスペルNoUVeauには、NO UVというスペルが入っているので、自分でこの名前も付けたので思い入れもあります。類似の商品が多く出てきましたが、米国のヘリオケアの配合物の中の、抗酸化成分の高いシダの成分をそのまま量を増やして配合したことにメリットがあります。通常の日焼け抑制作用とともに、加齢による「黄くすみ」を改善できることが特徴です。

noUVeau ¥8,250

2 中央の黒い箱 「タテガミ」 女性のための育毛剤です。

男性の育毛の場合は、多くの薬が発売されています。

内服薬ではミノキシジル、フィナステリド(商品名プロペシア)とデュタステリド(商品名ザガーロ)。

塗り薬ではミノキシジル、アデノシン、カルプロニウム塩化物、t- フラバノン、ケトコナゾールなどが一般的でしょうか。

反対に、女性にはこの種の薬は効きにくいのです。女性に効く育毛剤を探していたところ、オーストリアの特定のハーブ成分がとても効果的だという事を知り、配合しました。こちらは髪の「こし」を作るケラチンを増やしますが、まず最初に爪がきれいになるのですよね。

TATEGAMI ¥8,250

3 一番右のアルミのボトル 「ディフェンシャル」

ディフェンシブ(防御)とポテンシャル(潜在能力)を合わせた造語。体の防御力を上げて、痩身にも効果的な、20種類の有効成分を効果的に配合した、配合型サプリメントです。

VoCE誌ベストコスメ部門で、アンチエイジングサプリメント大賞を受賞しました。

特に新型コロナの影響で、過緊張とストレスが多い生活を送っている人が多いですので、そうした体のダメージを除去するためにとても良い組み合わせだと思います。

ディフェンシャル ¥11,000(1本)¥29,700(3本10%off)


長寿の秘訣

35歳までは必要栄養素摂取を主目的とした食事を。

SODが低下する35歳からは抗酸化を主目的にした生活を。

これが長寿の秘訣かも。

水槽

院長室の水槽のイソギンチャクに癒されてます。


カテゴリー