TakahiroFujimoto.com

HOME MAIL
HOME PROFILE BOOKS MUSIC PAPERS CONFERENCES BLOG MAIL CLOSE

BLOG 藤本幸弘オフィシャルブログ

カテゴリー:Energy based medical devicesレーザー・光治療・高周波・プラズマ他機器別

7年前 「ヘイロー」についてアップしたブログです

7年前にアップしたブログです。

————

3月に米国皮膚科学会でデビューしたフラクショナルレーザーのサイトン社「ヘイロー」1470nm+2940nm のハイブリッドフラクショナルレーザーです。社長であり開発者のDan Negus。

ハイブリッドフラクショナルレーザーは1550nm+1927nmのフラクセル3DUAL。

さらに1550nm+10600nmのイタリアカンテル社のものがあり、波長選択に迷います。

ヘイローに搭載された2940nmのエルビウムヤグレーザーはそのダウンタイムの長さに導入を躊躇していたのですが、ドラッグデリバリーには主要な波長として選択されています。

興味あるなあ。

https://takahirofujimoto.com/blog/blog/international/post_2890/


皮膚を菲薄する性質を持った特殊な波長を持ったレーザー機器

ワクチン接種ではありません。笑。

昨日診療前から、クリニックFにある2790nmの皮膚を菲薄する性質を持った特殊な波長を持ったレーザー機器 YSGG(yttrium scandium gallium garnet)を用いて、三菱商事子会社で開発中の、全く新たな化粧品原材料の検証のための共同実験をスタートしました。

2022年のASLMS米国レーザー医学会か、EADV欧州皮膚科学会に向けての発表に繋げてゆきたいですね。

来年にはリアルで出来るかなあ。


医学雑誌の依頼原稿書き

週末はこちらの医学雑誌の依頼原稿書きでした。

機器によるたるみ治療。

エステが導入した事でHIFUが全盛の時代で、クリニックFにも数種類のハイフがありますが、深部への熱伝達効率や、作用機序、影響する皮下組織の実体積を考慮すると、やはり最新型のサーマクールが、常に最強のたるみ治療機器だと思います。

機器はメスの様な道具の一つであって、施術者によって結果が全く変わります。

同じ名前の機器でも使い方によって、全く効果が変わるのも当然ですよね。


カテゴリー