TakahiroFujimoto.com

HOME MAIL
HOME PROFILE BOOKS MUSIC PAPERS CONFERENCES BLOG MAIL CLOSE

BLOG 藤本幸弘オフィシャルブログ

BLOG|ブログ

カルロス・クライバーの交響曲第五番「運命」

おはようございます。東京も梅雨入りで曇り空ですが、今日もクリニックFの診療日です。

今朝一番の音楽は、カルロス・クライバー指揮 ウイーンフィルハーモニー管弦楽団によるベートーヴェン交響曲第五番「運命」です。1974年の録音。クライバーの「運命」を初めて聴いた時は、「運命」という名の全く違う曲かとおもいましたよ。それくらい衝撃を受けた録音です。

016

カルロス・クライバーは1930年7月3日、名指揮者として知られたエーリッヒ・クライバーの息子としてベルリンで生まれました。本名はドイツ名のカールでしたが、エーリッヒがナチスに反対してアルゼンチンに移った際に、カルロスと改名されます。

スイスはチューリッヒにある工科大学に進んだ、いわば「理系の男」なのですが、一転してミュンヘンのゲルトナープラッツ劇場の練習指揮者として経験を積み、1954年にポツダムの劇場で指揮者デビューを果たします。この経歴にも僕は心惹かれてしまいますね(笑)。

指揮者デビューの際には、世界的指揮者の父エーリッヒに配慮したのか、「カール・ケラー」という芸名を用いています。カルロスの指揮者デビューに際し、父エーリッヒは「幸運を祈る 老ケラーより」と打電したと伝えられています。

カルロスは、世界各国の交響楽団と数々の名演を残すも、一度も音楽監督のポストに就任せず、1970年代頃からレパートリーをより少なく限定し、リハーサルの時間を極端に長くとって、自分の意に沿わないとわかった仕事は次々とキャンセルすることを繰り返しました。

これが逆に希少性を生み、キャンセルにより他の指揮者に代わる可能性があるにもかかわらず、チケットは瞬時で売り切れたそうです。

演奏録音の少なさに比較して、DVDなどの映像が多く残っているのですが、特に往年のカルロスはあたかもそれ自身が舞踊であるかのように優雅にタクトを振るのです。この姿が映像にこだわるカヤランからも本物の天才指揮者だと感嘆を受けた理由なのでしょう。

リヒャルトストラウスの薔薇の騎士の映像では、舞台が始まっているにもかかわらず、2分近くもカルロスクライバーの優雅な指揮を映し続けるシーンがありますが、納得できますよ(笑)。

良くも悪くも、世界的な知名度を持つ指揮者の息子として生まれた天才指揮職人と言った感じでしょうか。

最も好きな指揮者を挙げろと言われたら、「あの指揮者、この指揮者」と様々な演奏が脳裏に浮かび長い間逡巡するかもしれませんが、それでもやっぱりたぶんカルロス・クライバーを挙げてしまうのだろうな、と思います。


CLEO:2011 ボルチモア⑳ ミュージカル「Spring Awakening」

ミュージカル「Spring Awakening(スプリング・アウェイクニング)」は、2007年の第61回トニー賞ミュージカル部門で、作品賞、演出賞を含む最多8部門を受賞した作品です。

2009年1月にNYブロードウェイでの公演は、終わってしまいました。

話題作でしたので、ぜひ見たいと思っていたことろ、シカゴ滞在期間になんと422

一週間期間限定で開催されていることが判明。

420

しかもその場所は、ホテル近くのオリエンタル劇場。

421

街を歩いていて偶然ポスターを見つけ、その晩にWEBでチケットを探したところ、うまく翌日夜のS席1席のチケットを買うことができました。

ラッキーでした。

オリエンタル劇場は、シカゴ劇場と並ぶ、古い映画館なのですが423

426内装はこの通りかなり立派なものでした。

424

スプリング・アウェイクニングの邦訳は「春の目覚め」

010_2

舞台を理解するにはちょっと英語力が必要かもしれません。

要約すると、約100年前のドイツの学校を舞台にした、思春期の10代の学生の性への目覚めの物語です。

保守的な親と厳格な学校の管理下にあり、様々な社会的なストレスを溜めている男女の主人公たち。

当時の学生は、男女別の学校に通っていますが、幼なじみのメルキオールとウェンドラは、偶然道で出逢ってから、相手に惹かれていることに次第に気づきます。

お互いの学校で体験する、虐待、体罰、放校、自殺、そして妊娠という社会的経験。

演出が素晴らしいと思ったのですが、次々に起こる事件に翻弄される主人公たちが、等身大で問題に対応していく姿があたかも自分の過去に起こったことかのように、非常に共感して、感情移入してしまうのです。

そして、最後に巻き起きるミュージカルとは思えない悲しい結末。

あるちょっとした踏み違いによって引き起こされる出来事によって、メルキオールとウェンドラは永久に会えなくなってしまうのです。

このミュージカルはロックをベースにした音楽で、しかも多人数のコーラスが入りますので本当に聴きごたえがありました。


CLEO:2011 ボルチモア⑲ Grant Park, Chicago

シカゴで最も有名な公園は毎年6月にシカゴ・ブルース・フェスティバルが開催されるグラントパークです。

ミレニアムパークもこの公園の中に含まれます。

413

チューリップ満開の季節。

347

海に面した大きな公園なのですが、滞在日程の中日に行ってきました。

でも、残念ながら滞在中この日だけ曇り空だったんですよね。

349

この公園には、バッキンガム噴水と呼ばれる大きな噴水があります。

352

415

晴れた空できれいに写真を撮りたかったので、残念です。

さらにこの南のディストリクトにはアドラー・プラネタリウムやフィールド自然史博物館、シェッド水族館といった、ミュージアム・キャンパスと呼ばれる地域になります。

337

この地域はこの通り、多くのスクールバスが停まっています。児童たちが博物館に吸い込まれていくようです。

水族館好きな僕は、駆け足で水族館だけを見学しました。

320

325

334

クラゲのパビリオンがオープンしたばかりだったのですが、 こんなダースべーダーの兜のようなクラゲも。

生命体の神秘ですね。


CLEO:2011 ボルチモア⑱ ウィリスタワーの空中回廊

ウィリスタワー(旧シアーズタワー)は、シカゴにある世界第四位、米国第一位の高さを持つ超高層ビルです。

018

508

2009年7月より、103階展望室の西側外面に、床を含めて全面ガラス張りの展望台「ザ・レッジ」(The Ledge)が設置されているのです。

014

望遠で地上から見ると、壁にガラスの箱がついているのが分かりますか?

飛行機の操縦免許を取るぐらい高いところが好きな僕としては、シカゴに来たら必ず行ってみたいと思っていた場所。

545

549

北東に海のようなミシガン湖を高層ビルの先に臨むシカゴの雄大な景色を眺めた後、西側にあるその場所に行ってみました。

022

551

この通り、建物を飛び出すバルコニーのような形でガラスのボックスがあるのです。

555

皆面白がって写真を撮っていますが、

550

実際に足を踏み出してみると。

これほんとうに怖いですね。

慣れるまでは足がすくんで前に出なくなりました。

628

とはいえ、しっかり記念写真を撮ってきましたよ。


カテゴリー