TakahiroFujimoto.com

HOME MAIL
HOME PROFILE BOOKS MUSIC PAPERS CONFERENCES BLOG MAIL CLOSE

BLOG 藤本幸弘オフィシャルブログ

BLOG|ブログ

■イタリア出張2012秋㉕ ボローニャ歌劇場 ボロネーゼ 村上春樹

ボローニャの街。

ちょっとした風景にも目を奪われます。

どこを切り取っても、これがまた絵になるのですよね。

下の写真の建物。右下に注目してください。

エルメスのお店なのですよ。

街に馴染んだデザインに感動しました。

このきれいな赤レンガは、維持するのは大変なのでしょう。

街の至る所で修復作業が見られました。

ボローニャ歌劇場に足を延ばします。

ボローニャ歌劇場といえば、2011年9月。ちょうど震災半年後に開催予定だった、来日公演の際の主演キャスト達のドタキャンは記憶にある方もおいでになるのではないでしょうか。

僕もチケットを購入していましたし、日本の公演としては珍しく、初舞台時にブーイングも出ましたので、悲しい思いをしました。

歌手のリチートラさんが、直前にオートバイの事故で亡くなってしまったことはもっとも不幸なことでしたが、 ヨナス・カウフマンや、ファン・ディエゴ・フローレスなど、世界のトップスターテノールたちが、健康上の理由で(ネトレプコのメトの公演キャンセルの時のように原発とはっきり書いてもらえればむしろ諦めがついたのですが…。)次々とキャンセルされたと通知を受ける度、悲壮感が漂いました。

招待元の契約がきっちりとしていなかったのでしょうね。

本年の題目も書かれています。

せっかくボローニャに来たので、ボローニャの料理を食べようと、お昼に頂いたのは本場の「ラグー・アッラ・ボロニェーゼ」。

日本風で行くとミートソーススパゲッティですよね。

パルメザンチーズをかけていただきましたが、本当においしかったです。

ボローニャの街は、本屋も多く、立ち止まって見てしまいましたが

もちろんこちらでも村上春樹さんの「1Q84」を見つけました。

表紙はこの通り東洋人女性の横顔。

“ハルキワールド”がどこまで詳細にイタリア語に訳されているのか興味ありますね。

 

ちょうど街には古本市も出ていました。

ボローニャ駅から、いよいよ今回のイタリア出張最後の街ヴェネツィアに移動します。

この日の夜には憧れのフェニーチェ劇場でヴェルディの「オテロ」観劇が待っています。

こちらボローニャ駅のキオスク。

よく見ると日本の新幹線のような絵が。

近寄ってみますと、やはり新幹線でした。

日本人観光客が多いのでしょうね。


■イタリア出張2012秋㉔ 世界初の人体解剖室のある旧ボローニャ大学

ボローニャで訪れてみたいと思っていた場所の一つ。

現在はアルジンナージ宮殿となっている建物。

11世紀に創立された旧ボローニャ大学の建物です。

医学生の時に誰もが習ったこの場所を訪れることができたのは、幸運でした。

階段を登ると綺麗な装飾に圧倒されます。

いかにも大学という感じの廊下を歩きます。

廊下の奥に、その部屋はありました。

自由都市であったボローニャでは、教会の反対に屈せずに人体解剖が行われていたのです。

こちら「テアトル・アナトーミコ(解剖学大階段教室)」。

医学部臨床講義棟のような、階段教室が印象的でした。

 


■イタリア出張2012秋㉓ ボローニャへ DEKA社との打ち合わせ

ボローニャに着いた翌朝、今回の出張二つ目の企業ミーティングがありました。

フィレンツェのレーザー機器メーカーDEKA社の副社長であるマウロです。

工学博士でもあるマウロは、欧米の学会でいつも顔を合わせ、打ち合わせをします。

今回もドクターフジモトが来るのならこちらからボローニャまで行くよ、とフィレンツェからボローニャまで朝早く電車に乗り会いに来てくれました。

来年4月にボストンで開催される米国レーザー医学会で発表する演題についてのディスカッションが主な目的でしたが、とても良い検討ができましたよ。

その後は初めてのボローニャの街を散策です。

赤レンガに染まる芸術の街ボローニャ。

こちらエンツォ宮殿。

それに対峙するコムナーレ宮(現市庁舎)。

こちらはコムナーレ宮の中の市民図書館。

美術館もありました。

二つの象徴的な建物の間にある広場がマッジョーレ広場。

そして、中央に海神ネプチューンの噴水があります。

こちらは広場の中心。

撮影も多い場所のようです。

ちょっと道を歩くと、たくさんのパフォーマーがいます。

ボローニャには小さくても技術を持った会社がとても多いと聞きます。

街中でよく見かけたのが靴屋さん。

それぞれ独自のブランドでしたよ。

街を歩いていると、ボローニャのシンボルである斜塔が見えてきました。

明らかに垂直ではない塔。

この写真で傾きはわかりにくいですが、二本の塔がちょっと怖ろしいぐらいの傾きで立っています。

そして感動したのがもう一つ。

随所にみられる石のモザイク状のタイル床でした。

きれいですよね。


■イタリア出張2012秋㉒ 夜のモデナ

おはようございます。そしてメリークリスマス。

本年は、26日の夕方便の飛行機で最後のアメリカ出張が控えているため、今日12月24日は、休日ですがクリニックFの臨時診療日です。

今日は朝からクリスマスソングのBGMです。

クリニックFの本年の診療日は今日24日、明日25日、明後日26日13時まで。

さらに出張より帰国日の31日の夕方からご予約をお取りしています。

今日は比較的予約が緩いのですが、それ以降はほぼ満員です。

年末までに施術をご希望の方は、ご連絡(03-3221-6461)いただければと思います。

さて、僕のブログ国際学会周遊記は、先月訪れたイタリアブログの続きです。

******************

陽は落ちていましたが、ボローニャに移動するまで、少し時間がありましたので、モデナの夜の街を歩きました。

中心街は、モデナの駅から1.5kmぐらい離れた場所にあります。

こちらはモデナの象徴であるギルランディーナの塔。

こちらはグランデ広場。

そして、遠くに見えてきたのがパヴァロッティの葬儀が執り行われたモデナの大聖堂です。

内装はこちらの様に、円柱とアーチで仕切られた厳かな造りです。

祭壇は上下に分かれており、下の階にはキリスト誕生を示すオブジェもありました。

街を歩くと、フィアット社の500(チンクエチェント)が停まっていました。

イタリアには小さな車が似合いますね。

フィアット社はトリノにありますが、ピアチェンツァから端を発して、パルマ、モデナ、ボローニャを通過しリミニに至る、270kmエミリア街道沿いは、イタリアを代表するスーパーカーの産地としても知られています。

今回訪れたフェラーリ社、さらにランボルギーニー社、イタリアを代表するドゥカティ社などもこのエミリア州で生産されているのです。

真面目で工夫好きな北イタリア人の気質と、高いデザイン性が組み合わさることによってはじめて可能になった世界的にも稀有な場所ともいえるでしょうね。

 


■イタリア出張2012秋㉑ パヴァロッティが通ったモデナのレストラン EUROPA92

おはようございます。

今日12月22日(土)もクリニックFの診療日です。

世は三連休ですが、都心は朝から冷たい雨。結構本降りですね。

午後にはあがるとの予報ですが、どうでしょうか。

ご予約頂いている患者さんにおかれましては、道中気をつけてお越しください。

僕のほうはといえば、連日のスケジュールによる疲れが溜まってきたのか、小さな不調が一昨日あたりから出てきました。

とはいえ、ちょうど昨日は久しぶりに診療後なんの予定もなかったので、お酒も抜き食事も控えすこしゆっくりでき、だいぶ復活したようです。

診療と施術に支障はなさそうですので、ご安心ください。

さて、引き続き今年最後のヨーロッパ出張・イタリアでの様子にまたしばしお付き合いくださいね。

****************

イタリア・モデナで有名なのは、バルサミコ酢、フェラーリ本社、そしてオペラ歌手のルチアーノ・パヴァロッティ(Luciano Pavarotti)とされています。

「神に祝福された声」、「キング・オブ・ハイC(三点ハの王者)」と評された美声の主 パヴァロッティ。

以前にも書きましたが、トリノ・オリンピックでの「誰も寝てはならぬ」は今でも記憶に鮮明ですよね。

そして彼はその舞台を最後に翌年2007年、モデナの自宅で亡くなったのです。

パヴァロッティのCDや演奏会の生涯売り上げは、同じ時代に活躍したローリング・ストーンズやプレスリーをはるかに凌いでいるのだそうです。

彼が好んで通ったというレストランに、今回食べに行きました。

「EUROPA 92」というお店。

生前のパヴァロッティの写真がたくさん飾ってありました。

さぞかし陽気で楽しい人物だったのでしょうね。皆に愛されていたことが伺えます。

Img_0647

レストランの内装はこのような感じ。

今回のドライビングコースの参加者、そしてインストラクターたちと会食です。

様々なイタリア料理に舌鼓をうちます。

パルミジャーノもあります。

バルサミコ酢につけて食べるのが地元の流儀とのことで、これは本当においしかったですよ。

こちらコースの参加者たち。

Img_0646同じテーブルで食べているうちに、皆と仲良くなりました。

メールアドレスや名刺を交換して後日知りましたが、今回の参加者たちは各国の企業家ばかりで、本当の成功者たちでした。

趣味を通じて、とても良い縁ができたと思います。つないで下さった方に感謝ですね。

 


カテゴリー